Chichibu-Railway C58363 PALEO EXPRESS

 武蔵野の風情を残す街並が広がる"熊谷"から名勝"長瀞"、銘仙の町"秩父"を経て奥 秩父の玄関"三峰口"まで荒川沿いに走る秩父路の蒸気機関車C58363。パレオエクスプレスの画像と情報、秩父鉄道の話題を紹介しています。最新画像では秩父鉄道の新鮮な情報を画像で紹介しています。
 随時、更新しておりますので秩父鉄道の最新画像をお楽しみいただけると幸いです。
パレオエクスプレス ギャラリーの2005年から2008年撮影分は、撮影地周辺を紹介するためにYahoo!地図情報をリンク設定しました。初めて秩父鉄道の撮影を計画されている皆様の参考になれば幸いです。利用規約に従い、テキストリンクで別窓を立ち上げる形になっていますので、各画像データの「撮影駅間または駅」をクリックすると地図が開きます。地図のセンター表示辺りが撮影地ですが、お出掛けの際の目安、参考程度とお考えください。

秩父鉄道の概要

 秩父鉄道は、東武伊勢崎線接続駅の羽生を起点とし、JR高崎線と上越新幹線接続駅の熊谷、東武東上線とJR八高線接続駅の寄居、西武秩父線接続駅の御花畑を経て終点の三峰口駅まで延びる秩父本線と、秩父本線武川駅から分岐し、熊谷貨物ターミナル駅まで延びる貨物専用線三ケ尻線からなっています。
 旅客輸送は、沿線相互間並びに沿線から県南及び都心への通勤・通学客と、休日を中心とした県内外からの観光客の輸送が主で、昭和63年から毎年3月〜12月の休日を中心にSL列車も運行されています。また、太平洋セメント鰍荷主とした石灰石輸送を行っており、現在でも電気機関車が牽く鉱石貨物列車を多数運転されています。

鉄道事業の歴史
 秩父本線は明治32年11月、鉄道の敷設によって秩父地方の開発を目論み設立された上武鉄道株式会社により、明治34年10月に熊谷〜寄居間18.9キロで運輸営業開始。その後、幾多の困難を打破して大正3年に念願の秩父までの延伸を果たました。大正5年3月には秩父鉄道株式会社と称号が改められ、大正11年8月には旧北武鉄道が敷設した羽生〜熊谷間が全通し、昭和5年3月には影森〜三峰口間が延伸されて、現在の秩父本線の羽生〜三峰口間71.7キロが全通しました。線路の延伸に伴い旅客・貨物輸送とも増加して、蒸気機関車が牽引する客貨混合列車では限界となったため、大正11年1月にはアメリカウエスチングハウス社製の回転変流機を使用して、熊谷〜影森間の直流1,200V電化工事を竣工させ、同じくウエスチングハウス社製電気機械とボールドウィン社の車体のデキ1形電気機関車により電気運転を開始。少し遅れて梅鉢鐵工場で製造された車体にウエスチングハウス社製の電気機械を装架した3両の木造電車が完成し、逸早く本格的な電気運転を達成しました。昭和27年1月にはき電電圧が1,200Vから直流電化の標準電圧となった1,500に昇圧され、その後も輸送需要は拡大。高度成長期を迎えるとセメント関連輸送で発展して、多くの電気機関車が増備され、貨物王国となりました。旅客輸送も順調に伸びて、昭和34年にはオリジナルのカルダン駆動新性能電車デハ300形が日本車輛で製造され、昭和37年から昭和42年には同じく日本車輌でデハ500・クハ600形が製造され、地方民鉄としては珍しくオリジナル新性能車が多数活躍しました。昭和54年10月には上越新幹線建設に伴い、熊谷貨物ターミナル〜武川駅を結ぶ貨物専用線の三ケ尻線7.6キロが開業して、現在に至っています。近年では平成10年12月から羽生〜三峰口間で、列車集中制御装置(CTC)に運行管理システム(PRC)を付加した新しい列車集中制御装置を採用して列車運行管理を実施する等、輸送の近代化と保安度の充実を図り、平成11年には新型マルチプルタイタンパーを導入して軌道整備の強化を図るとともに、ワンマン運転も開始する等の合理化も実施されています。平成15年3月には石原〜大麻生駅間に燃えない外壁を使用した木組みの駅舎の「ひろせ野鳥の森」駅が開業。平成16年10月には穏やかな緑色のドーム天井が斬新な羽生市の自由通路の共用開始に伴って、近代的な装いの羽生駅橋上駅舎が使用開始され、羽生駅の着発線が2線となって列車運行ダイヤを改正。従来は熊谷−三峰口駅間で運行されていた急行列車が羽生まで延伸されて、終列車の繰下げも実施されました。
 現在は電車57両、客車4両、蒸気機関車1両、電気機関車18両と多数の鉱石輸送用の私有貨車が在籍しています。


このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
Train's Photo Gallery

Copyright (C) 2000〜2012 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved. Japanese use only.