秩父鉄道を走った直通乗入れ電車
1982.5.9 秩父鉄道 樋口-野上駅間 国鉄115系300番台4連 直通臨時列車 上野行き
1982.5.9 秩父鉄道 樋口-野上駅間
国鉄115系300番台4連 直通臨時列車 上野行き

  その他・直通臨時電車
 秩父鉄道は沿線に秩父・長瀞の観光地があり、奥秩父登山の玄関口でもあって、観光輸送は盛大でした。私が覚えている(見たり乗ったりした)電車だけでも、国鉄115系・165系・103系・185系電車。東武鉄道7300系・7800系・8000系、西武鉄道101系・4000系と色々あります。
 国鉄からの直通運転の歴史はデキ6号機が牽引した進駐軍の白帯列車まで遡り、ED38形が旧型客車を牽引した直通列車も運転されたと伝え聞いています。電車や客車ばかりではなく、八高線から寄居経由で三峰口(末期は上長瀞)まで直通運転された気動車列車もあり、 当時は秩父鉄道に甲種内燃機関の操縦免許を持った運転士さんも在籍して、10系・20系・30系気動車が運転されていました。意外と知られていないのは103系電車の直通乗入れでしょうか。

 
1988.4.10 秩父鉄道 寄居-波久礼駅間 国鉄115系基本番台4連 直通臨時列車 上野行き
1988.4.10 秩父鉄道 寄居-波久礼駅間
国鉄115系基本番台4連 直通臨時列車 上野行き

  国鉄の115系電車は通常4連で乗入れていました。熊谷-上野駅間は普通列車に併結され、熊谷-三峰口駅間は快速運転される季節臨として運転され、休日の午前に三峰口まで下って、午後戻る「みつみね」号の他、休前日の夜下って三峰口に停泊し、休日の午前に普通列車として戻っていた「くもとり」号もありました。 秩父夜祭当日も上野から多客臨として直通乗入れしていましたが、現在は乗入れることがなくなっています。


1988.4.22 秩父鉄道 武州日野-白久駅間
国鉄115系300番台4連 直通臨時列車 三峰口行き

1988.5.8 秩父鉄道 上長瀞-親鼻駅間 国鉄115系 直通臨時列車 上野行き
1988.5.8 秩父鉄道 上長瀞-親鼻駅間 国鉄115系 直通臨時列車 上野行き

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved