秩父 100形電車

1984.6.14 秩父鉄道 上長瀞-親鼻駅間 デハ100+クハニ20形100形電車

 デハ100形は濃淡茶色のツ-トーンの塗色で1988年6月まで活躍していた半鋼製車体の旧型電車。デハ101と102が1950年に製造され、以降は大正時代の電化以降使用されていた木造車や半鋼製車を元に改造した車両もあり経歴は複雑で、1963〜1966年に片運転台化及び貫通路設置と客室扉へのドアエンジン設置等が行われた。全長17.63Mの半鋼製車体で、主電動機は95kw×4個。車内は木造ニス塗りで13両製造された。
 デハ100形と組んでいた制御付随車はクハニ20形が10両、クハ60形が6両で郵便合造車のクハユ30形も存在し、こちらも他社からの譲渡車を改造した車両もあり、経歴は複雑。後にクハ60形の内3両がサハ60形に改造されて1M2Tの3両組成も存在し 、末期はデハ100+クハニ20とデハ100+クハ60形の組成が2連または4連で使用されていた。
 最後まで残ったデハ107とクハニ29の2両は1988年9月に廃車され、三峰口駅の車両公園に保存されている。

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved