国電リバイバルカラー オレンジ
秩父鉄道国電リバイバルカラー1000系 オレンジバーミリオン 臨時急行
2007.9.1 秩父鉄道 樋口-野上駅間
1000系デハ1011+デハ1111+クハ1211 下り臨時急行1007列車

 2007年9月1日から1000系第11編成が国電カラーのオレンジバーミリオンに塗り替えられて秩父谷を走ってます。
 秩父鉄道1000系電車は旧国鉄101系。1957年(昭和32年)に登場した国鉄の直流通勤形電車で、首都圏や関西を主に通勤・通学輸送で活躍しましたが、新型車両の登場で2003年11月に定期運用から引退しています。


2007.9.2 秩父鉄道 長瀞-上長瀞駅間
1000系デハ1011+デハ1111+クハ1211 下り臨時急行1007列車

 101系電車は当初90形式と称され、戦後の経済復興過程を経て高度成長期前期にさしかかった昭和32年に試作車が完成し、国鉄の電車では初めて中空軸平行カルダン駆動方式などの技術が採用された新性能電車で、この系列で採用された技術は1980年代前半までの国鉄電車に広く応用されていました。当時は茶色が普通だった車体塗色は鮮やかな線区別のカラーに変わって客室内は蛍光灯照明と広いアルミサッシで明るくなりました。当時は未だ扇風機が無いのが普通だった国鉄の通勤電車でしたが、完成時から扇風機も搭載され、昭和時代を代表する最新鋭の電車でした。


2007.9.8 秩父鉄道 永田-小前田駅間
1000系クハ1211+デハ1111+デハ1011 上り普通列車

 現在、JR線上からは消滅した101系ですが、秩父鉄道の羽生〜三峰口駅間では国鉄時代の1985年(昭和60年)からJR化後まで譲渡された3両×12編成(計36両)が1000系電車として現在でも走っています。この電車の内、3編成を鉄道博物館の開館に併せてオレンジバーミリオン・スカイブルー・カナリアイエローの3種類の国電カラーに順次復元しています。9月1日から走り始めたオレンジバーミリオン色の1000系に引き続き、10月14日から2編成目のスカイブルーが運用を開始しました。


2007.9.8 秩父鉄道 浦山口-武州中川駅間
1000系クハ1211+デハ1111+デハ1011 上り普通列車

午後の樋口先を走るオレンジバーミリオンの1000系
2008.2.11 秩父鉄道 樋口-野上駅間
1000系デハ1011+デハ1111+クハ1211 上り普通列車


  

このページはフレームを使って作成しました。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧ください。
Train's Photo Gallery

Copyright (C) 2008 by ISAO Takayanagi and SAY. All Rights Reserved