秩父 300形電車
1983.2.15 秩父鉄道 黒谷-武州原谷 300形急行「秩父路」
1983.2.15 秩父鉄道 黒谷-武州原谷駅間 300形急行「秩父路」

デハ302+サハ351+デハ301 300形電車
 1959年(昭和34年)に日本車輛で製造された秩父鉄道初、カルダン駆動の新性能電車。
車体は20mでクロスシートを装備し、デッキはなく客室用側扉は 片開きで各車とも2箇所。前頭部は当時流行していた湘南タイプと観光輸送を意識した高水準の仕様で、同世代・同用途の日車製車両は富士急3100形や長野電鉄の2000系があり、何れも地方民鉄の優等列車に相応しい名車。
 デハ301+302とデハ303+304の2連×2本(4両)が新製され、後の1966年(昭和41年)には中間車サハ351と352が増備され、 電動車ユニットの間に付随車を挟む編成となり、デハ301+サハ351+デハ302とデハ303+サハ352+デハ304の3連となった。サハ352は日本車輛が製造したアルミ車体の試作車で、台車も空気バネのNA319Tを履き、異彩を放っていた。1992年(平成4年)10月に3000系と交代するまで、急行「秩父路」で活躍した。

1991.10 秩父鉄道 樋口-野上駅間 300形急行「秩父路」 デハ302+サハ351+デハ301
1991.10 秩父鉄道 樋口-野上駅間 300形急行「秩父路」 デハ302+サハ351+デハ301

 
形式 番号 最大寸法
長×幅×高(mm)
自重 定員
(座席)
主電動機
出力×個
制動装置 台車 製造年 製造者
デハ30 301
302
303
304
20,000×2,860×4,100
20,000×2,860×3,976
20,000×2,860×4,100
20,000×2,860×3,976
35.0
34.0
35.0
34.0
120(76)
113(70)
120(76)
113(70)
75×4 空・手 NA-4P
NA-4P
NA-301
NA-301
1959 日本車輌
サハ350 351
352
20,000×2,800×3,877
20,000×2,804×3,812

22.5
130(80) NA-12TB
NA319T
1966 日本車輌

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved