秩父 3000系電車

2004.4 秩父鉄道 樋口-野上駅間 3000系クハ3200+デハ3100+デハ3000 下り急行芝桜号

2004.4 秩父鉄道 樋口-野上駅間3000系クハ3200+デハ3100+デハ3000 下り急行芝桜号

3000系(デハ3000形・デハ3100形・クハ3200形)
 急行「秩父路」用300形電車の置換え用として1991年(平成3年)にJR東日本から新前橋所属の165系電車を購入。自社で改造のうえ、1992年(平成4年)3月から急行用車両として使用開始した。
正面貫通扉は埋められ、前照灯は尾灯と一体の角型となり、上部にはフォグランプを新設し白地に青の塗り分けと共にイメージを一新している。車内は基本的に国鉄時代と同一の仕様だが、シートは新製に近い更新が行われ、化粧板張替え他のリニューアルが施工された。冷房装置は国鉄時代のままで、3001編成がAU12およびAU71で3002・3003編成がAU13およびAU72を搭載している。
 急行「秩父路」をはじめ、臨時急行や定期急行置換えの「開運号」、「ロウバイ号」、「さくら号」、「芝桜号」他で秩父鉄道の優等列車として活躍したが、2006年3月15日から旧西武鉄道101系の6000系電車が運用を開始した。最後まで残った第1編成の
クハ3201+デハ3101+デハ3001は2006年(平成18年)11月25日のファイナルランイベント(さよなら運転)を最後に引退し、2006年(平成18年)11月28日付けで除籍された。
 

形式

番号

最大寸法
長×幅×高(mm)

自重

定員
(座席)

主電動機
出力×個

制御器

制動装置

台車

製造年

デハ3000

3001〜
3003

20,400×2,950×4,088

39.8

76(76)

MT54
105Kw×4

 

SED
電・空

DT32

1965
デハ3100

3101〜
3103

20,000×2,950×4,14039.184(84)MT54
105Kw×4
CS15SED
電・空
DT321965
クハ32003201〜
3203
20,000×2,950×4,08833.876(76)  SED
TR691965


2003.2.8 秩父鉄道 波久礼駅間 3000系クハ3200+デハ3100+デハ3000 下り急行ロウバイ号

2003.2.8 秩父鉄道 波久礼駅3000系クハ3200+デハ3100+デハ3000 下り急行ロウバイ号


  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved