秩父 500形電車

1984.4.7 秩父鉄道 寄居-波久礼駅間 500形デハ500+クハ600 下り普通列車

1984.4.7 秩父鉄道 寄居-波久礼駅間 500形デハ500+クハ600 下り普通列車

500形
 300形に続き1962年(昭和37年)から1967年(昭和42年)に日本車輌で製造された。当時流行していた湘南タイプの前面に大型ヘッドライトが2灯。20M車体に片開き2扉であるがロングシートとなり、デハ500形の主電動機は110KW×4個備え、デハ500+クハ600の1M1Tの編成となった。小窓が並ぶ二扉の側面が優雅で、9編成が在籍したが2000系と交替で廃車された。
 

1984.5.13 秩父鉄道 浦山口-武州中川駅間 500形デハ500+クハ600 下り普通列車

1984.5.13 秩父鉄道 浦山口-武州中川駅間  500形デハ500+クハ600 下り普通列車

形式

番号

最大寸法
長×幅×高(mm)

自重

定員
(座席)

主電動機
出力×個

制動装置

台車

製造年

デハ500

501-503
504・505
506・507
508・509

20,000×2800×4,160
20,000×2800×4,160
20,000×2800×4,160
20,000×2800×4,150

36.5

160(66)

110Kw×4

空・手

NA-12

1962
1964
1966
1967
クハ600

601-603
604・605
606・607
608・609

20,000×2800×4,036 30.0 150(62)   空・手 NA-12T 1962
1964
1966
1967

1976.7.31 秩父鉄道 三峰口駅  500形クハ600+デハ500の6連


   

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved