秩父鉄道 6000系電車
’06年パレオ運行初日、颯爽と駆ける急行「秩父路」6000系 2006.3.18 秩父鉄道 樋口-野上駅間
 2006.3.18 秩父鉄道 樋口-野上駅間
'06年パレオ運行初日、颯爽と駆ける急行「秩父路」
6000系(デハ6000形+デハ6100形+クハ6200形)

 西武鉄道が1969年の西武秩父線開業時に初めて製造した101系を譲り受けて改造したもので、デハ6000形Mc2は中間電動車M2を先頭車改造して誕生した。主に急行列車として運用されるため、先頭車前面にはLED式の愛称表示器が新設され、前照灯は角型 のシールドビームとLED式尾灯を一体化したタイプとなり、スカートの新設他でフロントデザインは一新された。 車体カラーは白を基調として側窓周りはブルーに塗られ、3000系の秩父急行塗色が受継がれている。
 各車とも中間の客室扉を埋めて二扉に改造のうえ側面にLED行先表示器が設置され、座席はレッドアローから発生した回転リクライニングシートが再用された。車内にはLED式の自動情報表示器、非常通報装置が設置され、自動放送装置 、ドアチャイム他、秩父鉄道仕様のワンマン機器・保安装置も搭載された。各扉に開閉ボタンが設けられ、暖房用ヒーター強化や連結面の貫通扉も増設された。また、秩父鉄道の車両としては初めてデハ6000形に車いすスペースが設けられた。
 列車無線車上局装置、自動列車停止装置の機器・車上子等の運転保安装置は秩父鉄道の仕様のものに交換されたが、主電動機は西武時代と変わらず150KWの大出力で、電動カム軸式の抵抗制御により1つの制御器で8個のモーターを制御する。制動装置は発電ブレーキとそれに連動した応荷重装置付の電磁直通制動と抑速制動を持ち、強力なモーターと始動電流を抑え、空転時 には主電動機の回転数上昇を自動的に控えて再粘着する主電動機制御は秩父鉄道向き。
 秩父鉄道に譲渡された車両は、1979年(昭和54年)から増備された101系のマイナーチェンジ車で、前面デザインが変更された高運転台車。以前、秩父鉄道直通乗入れに使用されていた車両

下り急行「さくら」号 6000系クハ6201+デハ6101+デハ6001 2006.4.9 秩父鉄道 長瀞-上長瀞駅間
2006.4.9 秩父鉄道 長瀞-上長瀞駅間
下り急行「さくら」号 6000系クハ6201+デハ6101+デハ6001

トップページへ  次のページへ

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved