秩父鉄道 7000系電車
秩父鉄道 荒川橋梁を行く7000系電車
 2009.4.11 秩父鉄道 上長瀞-親鼻駅間 7000系7002編成 臨時芝桜号

 7000系電車は東急電鉄から譲渡された8500系電車をデハ(M1C)+サハ(T)+デハ(M2C)に組成のうえ、各部を秩父鉄道仕様に改造している。
デハ7001+サハ7101+デハ7201の7001編成はデハ8509+サハ8950+デハ8609で、先頭車は貫通扉付きの既設運転台。
デハ7002+サハ7102+デハ7202の7002編成はデハ8709+サハ8926+デハ8809で、先頭車は中間電動車に非貫通構造で運転台が新設された。
 中間のサハ8900に搭載されている補助電源装置は170KVAの静止形インバータ(SIV)で、終点方のデハ7200は冷房装置1基を撤去して、パンタグラフが新設された。
 20メートルのステンレス車体で側扉は4箇所。各扉にドア開閉ボタン、開閉チャイムと表示灯が新設されている。各車内にはLED表示器、中間車のサハ7100には車椅子スペースが設置され、防寒対策として連結面に貫通扉も増設されている。自動放送装置は秩父鉄道で初めて英語案内も放送される。2009(H21)年3月26日に7002編成、2009(H21)年3月30日に7001編成が営業運転を開始した。

秩父鉄道7000系電車
2009.3.30 7000系デハ7201+サハ7101+デハ7001

7000系主要諸元
編成:3両固定編成M1C+T+M2C(20メートルステンレス車体)
定員:MC=136名・T=151名(車イススペース付)
設計最高速度:120km/h、運転最高速度:急行=85km/h、普通=80km/h
車体寸法:長さ20m×幅2.835m×高さ4.145m
制御方式:電動カム軸式抵抗制御+分巻界磁チョッパ制御
ブレーキ方式:回生ブレーキ併用全電気指令式電磁直通ブレーキ
主電動機:直流複巻電動機出力130kW×8個
補助電源装置:170KVAの静止形インバータ

大麻生-明戸駅間を行く秩父鉄道7000系電車
2009. 4. 5 秩父鉄道 大麻生-明戸駅間 7000系7001編成普通列車 下り三峰口行き

小前田-桜沢駅間を行く秩父鉄道7000系電車
2009. 4.18 秩父鉄道 小前田-桜沢駅間 7000系7001編成 普通電車 上り熊谷行き

白久-三峰口駅間を行く秩父鉄道7000系電車
2009. 4.12 秩父鉄道 白久-三峰口駅間 7000系7002編成 普通電車 下り三峰口行き

波久礼-樋口駅間を行く秩父鉄道7000系電車
2009. 4.26 秩父鉄道 波久礼-樋口駅間 7000系7002編成下り普通電車 三峰口行き

トップページへ  次のページへ

このページはフレームを使って作りました。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
Train's Photo Gallery

Copyright (C) 2009 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved