秩父 800形電車

1982.5.9 秩父鉄道 樋口-野上駅間
800形デハ800+クハ850+デハ800+クハ850 普通列車

800形(クハ850形+デハ800形)
 自社で製造した電車を走らせていた秩父鉄道に初めて入ってきた中古系列。
 小田急1800系電車を購入して800形としたもので、車体は20M4扉。元は1944年から1951年にかけて大量に製作された旧国鉄の63系通勤形電車で、1946年に14両が小田急に譲渡された。1957年から 全鋼製車体に更新されて大量輸送に活躍。1978年には秩父鉄道に再譲渡され、800形として使用された。
 主電動機は128KW×4個と強力で、デハ800+クハ850の2連で組成され10組成が在籍した。通常は2連×2本の4両編成で通勤・通学輸送 を主に活躍し、1986年(昭和60年)から投入された1000系電車と交替で廃車された。
 

形式

番号

両数

最大寸法
長×幅×高(mm)

自重

定員
(座席)

主電動機
出力×個

制動装置

台車

製造年

経歴

デハ800

801〜
810

10

20,000×2,860
×4,020

41.23

158
(62)

128[KW]

空・手

TR25A

1946
1947
一部不明

国鉄63系
小田急1800系

クハ850

851〜
860

10

20,000×2,860
×3,917

33.77

158
(62)

 

空・手

TR25A

1946
1947
一部不明

国鉄63系
小田急1800系


  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved