EL4重連「秩父川瀬祭」号を牽くデキ

2005.7.20 大麻生-明戸駅間 臨時旅客列車「秩父川瀬祭号」下り秩父行き
35〜70mmF2.8  1/400 f4.0 RDPV

2004年夏、電気機関車「デキ」の4重連が12系客車を牽く秩父川瀬祭号が脚光を浴びましたが、'05年も7月20日水曜日運行されました。7月19日・20日に行われる秩父川瀬祭りと市町村合併で誕生した新生「秩父市」を祝しての運行で、熊谷−秩父駅を往復しました。運転時刻は平日のSL列車に準じていますが、ホーム有効長の関係もあり、停車駅は熊谷・寄居・長瀞・秩父でした。

デキ108を先頭に4重連が快走

2005.7.20 大麻生-明戸駅間 臨時旅客列車「秩父川瀬祭号」 下り秩父行き
80〜200mmF2.8  1/400 f4.0 RDPV

 今年の最初は大麻生−明戸間の田んぼで撮影。下り列車の先頭に立ったデキ108は1951年(昭和26年)日立製で、前頭窓のつらら切(氷柱切)が特徴の旧松尾鉱山鉄道ED502。200Kw×4個の主電動機を唸らせて、デキ3両と12系客車4両を牽いていました。
 

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved