秩父鉄道の電気機関車(EL)4重連「秩父川瀬祭」号が7月20日に運転されました

2006.7.20 大麻生駅構内 臨時旅客列車「秩父川瀬祭号」下り秩父行き
Nikon F5 AiAF80〜200mmF2.8D  1/250 f5.6〜8.0 PROVIA 400X

 秩父鉄道の電気機関車(EL)4重連「秩父川瀬祭」号が7月20日に運転されました。平成16年から始まった川瀬祭号は今年で3回目。デキと称されている秩父のELの4重連が、8基のパンタグラフを上げて12系客車を牽く姿はすごい迫力で、今年も沿線に多くの方が集まり大盛況。特に大麻生−明戸駅間の田んぼはカメラを構える皆さんが凄く集まって、民鉄の貨物輸送が過去のものになりつつある近年、秩父のデキの人気が上昇しているようです。
 平成18年の川瀬祭号は生憎の梅雨空の下を走り、空が暗くて撮影に苦労した方が多かったのでは。下りは先ず、人出を避けて大麻生駅通過を狙ってみました。大麻生駅は秩父本線全線で貨物輸送が盛んだった頃の名残で、下り本線の左側に上下副本線と側線があります。カメラを構えていたのは私を含めて3人程で、4重連+客車4連がスッキリと狙えました。
 

2006.7.20 黒谷−(貨)武州原谷駅間 臨時旅客列車「秩父川瀬祭号」下り秩父行き
Nikon F5 AiAF80〜200mmF2.8D  1/250 f5.6 PROVIA 400X

 大麻生駅で撮影後は寄居から有料の皆野バイパスを走って先回り。下り「秩父川瀬祭」号の2回目は黒谷駅先の築堤下から狙ってみました。この季節は、線路際の夏草で列車の下廻りが隠れてしまう所が多いのですが、黒谷−(貨)武州原谷駅間は草が刈られていました。今年の青デキくんは、秩父方から506+104+106+108の4兄弟で、初めてデキ500形がEL4重連の先頭に立ちました。
 

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved