秩父 デキ1形電気機関車
秩父本線の電化時にアメリカから輸入されたウェスチングハウス社製の機関車で、車体はボールドウィン社
1977.12.4 秩父鉄道 黒谷-(貨)武州原谷駅間 デキ1牽引 下り一般貨物列車

 デキ1形
 秩父本線の電化時にアメリカから輸入されたウェスチングハウス社製の機関車で、車体はボールドウィン社。1921年に完成し、1922年4月に使用開始されました。ウエスチングハウス車製の小型機らしい凸形で、国鉄ED22など同系列機や同系列機をモデルとした国産機が主に地方民鉄で使用されました。秩父鉄道は直流1,200Vで電化されて、1952年1月に直流1,500Vに昇圧されましたが、デキ1形1〜5号とデキ形6・7号、デキ100形101号はき電電圧1,200V用の車両として完成しています。本機は完成時の主電動機出力は93.3kw×4個でしたが昇圧時に国産の主電動機に更新され、入力電圧750V、出力116.6kw×4個となっていました。輸入時にはアメリカ製機関車らしく、カウキャッチャーや警鐘(汽笛の代わり)が付いていたと伝え聞いており、ボンネットの上に付いていた鐘は私も見たことがあります。
 1988年12月に廃車され、デキ1号機は現在も三峰口駅構内の車両公園に保存されています。

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved