秩父 デキ形電気機関車
1976.7.31 秩父鉄道 波久礼駅 デキ7牽引 臨時旅客列車
1976.7.31  秩父鉄道 波久礼駅 デキ7牽引 臨時旅客列車 デキ形

 デキ1形と共に秩父本線電化時の機関車ですが、こちらは1926年イギリスのイングリッシュ エレクトリック社デッカーワークス製で2両輸入され、同型機は青梅電気鉄道や東武鉄道でも使用され、独特の箱型車体が魅力でした。デキ1形1〜5号に続き6・7号を名乗りましたが、何かの間違いなのか形式称号デキ 、記号番号6-7となっていましたので、ここではデキ形としています。 ついでに、パンタグラフは2基付いていたようなのですが、真相は判りません。車輪直径は軌間と同一の1,067oです。
 デキ7号機は1976年7月31日にさよなら運転で500形電車6連を牽引して熊谷-三峰口間で運転。その後、廃車されました。

 

1976.7.31  秩父鉄道 白久-三峰口駅間 デキ7牽引 臨時貨物列車



このページはフレームを使って作っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved