秩父 デキ100形電気機関車
2005.4.2 秩父鉄道 樋口-野上駅間 デキ104牽引 下り鉱石貨物列車
2005.4.2 秩父鉄道 樋口-野上駅間 デキ104牽引 下り鉱石貨物列車

デキ100形
 昭和20年代後半から製造された日立の私鉄向けデッキ付き箱型機関車。デキ101はき電電圧が1200V時代の1951年(昭和26年)に製造された。自重は48t、主電動機は160Kw×4個と後に増備れた100形と比べて小さく、デキ1やED38と同じ運用に使われ、晩年はSL列車の補機として茶色の塗色で活躍した。SL列車の補機運用をパレオカラー(深い緑にゴールドライン)のデキ201に受継いだ後、運用から外れて2006年3月に車籍が抹消されたが、広瀬川原構内に留置されている。現在はデキ102から105号機の4両と松尾鉱山鉄道から来た107・108号機の2両の6両が本線で活躍している。しかし、主力は主電動機出力230Kw×4個のデキ300・500形となっており、旧型電機は貴重な存在。

デキ101は2006年3月に車籍抹消となったが、広瀬川原に保存されている。
2006.4. 広瀬川原構内 完成時の外観に整備されたデキ101号

 デキ102〜106は1954年(昭和29年)〜1956年(昭和31年)に増備され、自重は50tに増加、主電動機も200Kw×4個に強化され1000tの鉱石貨物列車を牽引可能となった。
 デキ107・108は廃止された松尾鉱山鉄道のED501・502を1972年(昭和47年)に譲り受けたもの。デキ101と同じ1951年(昭和26年)日立製だが、主電動機は200Kw×4個で歯車比は4.68と大きく、牽引力も他のデキ100より大きい。
 秩父オリジナルのデキ106号は2008年3月に廃車され、現役のデキ100形は102〜105号機の4両と旧松尾鉱山鉄道の107・108号機の計6両となっている。

2008年現在、秩父鉄道のオリジナル電機最古参のデキ102
秩父鉄道 上長瀞-親鼻駅間 デキ102牽引鉱石貨物列車
Nikon D200 2008/02/02 80-200mm F/2.8D(200mm)

山間に汽笛と吊り掛け電車のような歯車音を響かせて、やって来たのは102号機。2008年現在、現役のデキ100形の中で最も若番で昭和29年の製造。製造年では107・108号機のほうが昭和26年製で古いが、秩父オリジナルとしては現役最古の機関車。

秩父鉄道 デキ104
2004.4 秩父鉄道 長瀞-上長瀞駅間 デキ104牽引 鉱石貨物列車
Nikon D200 AiAF ED80〜200mmF2.8

 長瀞の桜道、満開の桜並木を背景に勾配を登る鉱石貨物列車を牽くのはデキ100形104号機

電機王国 秩父鉄道の主役を永く務めてきたデキ100形
2008.1.19 秩父鉄道 樋口-野上駅間 デキ105牽引 鉱石貨物列車
Nikon D200 AiAF ED80〜200mmF2.8

 秩父の100形電機は製造当時、自重は50トンでモーターは200kw/h×4個と地方民鉄の機関車としては強力。今では前照灯がシールドビームの器具に変わっていますが、正面から観た姿は端正で国鉄のデッキ付き旧型電機のような風格があります。

秩父鉄道 デキ106
 2004.4 秩父鉄道 樋口-野上駅間 デキ106牽引 鉱石貨物列車
Nikon D200 AiAF ED80〜200mmF2.8

 新緑の山並、菜の花が咲く初夏の樋口−野上駅間を行くデキ106牽引の鉱石貨物列車

デキ100形102号+旧型客車4連 臨客5002列車
デキ100形102号+旧型客車4連 臨客5002列車

 SL列車パレオエクスプレスの復活初年の1988年4月22日。C58363の代走を務めたデキ100形。貴重なシーンです。


  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
Train's Photo Gallery

Copyright (C) 2006〜2008 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved