秩父 デキ200形電気機関車
2005.8.6 白久−三峰口駅間 デキ201 ELわくわく体験号 下り三峰口行き
2005.8.6 白久−三峰口駅間 デキ201 ELわくわく体験号 下り三峰口行きデキ200形

 1963年(昭和38年)に日立で製造されたデキ100形のモデルチェンジ車。
車体は角の丸みが大きくなり、2灯並んだ白熱灯大型ヘッドライトと前面窓のつらら切り(日さし)が特徴だった。デキ201は唯一スノウプロウが装着されていたが2点間速照式自動列車停止装置の車上子新設に伴い取り外された。空転対策で軸重移動を機械的に補償するため採用されたL形軸梁式台車は他に例が無く、心皿の低さと横向きに取り付けられたバネが独特で、主電動機は230Kw×4個にパワーアップし多段制御器(31段)も採用された斬新な形式である。201〜203の3両が在籍したが、202と203は1999年(平成11年)三岐鉄道に売却され、現在、201が12系客車と合わせたグリーンのPALEO PCカラーに塗色変更され、SL列車の補機運用を中心に使用されている。

波久礼-樋口駅間を行くデキ202牽引の鉱石貨物列車
波久礼-樋口駅間を行くデキ202牽引の鉱石貨物列車

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
Train's Photo Gallery

Copyright (C) 2006〜2008 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved