秩父 デキ500形電気機関車
2005.4.1 秩父鉄道 樋口-野上駅間 デキ501牽引下り鉱石貨物列車
2005.4.1 秩父鉄道 樋口-野上駅間 デキ501牽引下り鉱石貨物列車デキ500形

 1973年(昭和48年)から1980年(昭和55年)にかけて7両が日立で製造された秩父鉄道の主力機関車で、デキ503以降の増備形は日立製作所の民鉄向け箱型電機の中では洗練された外観を持つ。
 コンプレッサーの型式が変更された程度で基本仕様はデキ300形から変化はなく、501・502はシールドビームの前照灯以外は車体外観も300形と同等 だが、ブルーの車体に白ひげが入った現在の塗色で完成した。503以降は運転室前面窓が大型化されてひさしも付き、ライトカバーが角型になっている。506・507号は尾灯がデッキ上から車体に移され、507号は秩父セメント株式会社の私有機関車として製造された。
 現在は501〜507の7両が活躍中で、秩父の主力電機。
 

  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
Train's Photo Gallery

Copyright (C) 2006〜2008 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved