秩父 ED38形電気機関車
中型運用としては長大な編成を従え、2基のパンタグラフを上げて走るED381
1983.2.15 秩父鉄道 寄居-波久礼駅間 ED381牽引 一般貨物列車  

 中型運用としては長大な編成を従え、2基のパンタグラフを上げて走るED381
有蓋車と無蓋車が主体の懐かしい貨物列車
阪和電鉄は戦前の関西私鉄王国に君臨した高速鉄道。天王寺〜東和歌山間に俊足電車モヨ100を使った表定速度81.6km/hの”超特急”や特急”黒潮”号を運転した幻の電鉄会社でした。阪和電鉄が開業にそなえて製造した電気機関車がロコ1000形。昭和5年に1001・1002の2両が製造され、後に1003・1004の2両が増備されました。当時の私鉄電機としては大型で、50tの洗練された箱型車体。重心の低い組立式台枠が履く車輪は1220mmの大径で、戦前私鉄電機の最高傑作との評価もある機関車でした。
 ロコ1000形は国鉄に買収され後にED38形となり、1〜3号は秩父鉄道にやって来ました。
ED381号は、今でも三峰口駅の車両公園で静かに余生を送っています。

 

秩父鉄道 (貨)武州原谷駅 ED381牽引製品輸送列車

 次位に袋詰めセメント輸送用の有蓋車を従えて、武州原谷駅で発車を待つED381のセメント列車。

 
  

このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved