DMH17エンジンの気動車を追って
1995.1.23 津軽鉄道DD351 ストーブ列車
1995.1.23 津軽鉄道DD351 ストーブ列車
キャブの窓が3枚で排気管が横から立上がっているのが351号機の特徴です。

 高崎から乗った寝台特急「あけぼの」を降りると、弘前の駅はかなりの寒さ。川部で五能線の気動車に乗り継いで、ついに辿り着いた五所川原。ストーブ列車&DMH17を装架した気動車たちと会うのが目的で此処まで 来てしまいました。撮るより観るのが目的の津軽・下北DMH17紀行&茨城交通や竜ヶ崎線の気動車にチョットお付き合いいただけると幸いです。
 五能線の列車を降りて古い跨線橋を渡ると時代を遡ったような津軽鉄道の構内。古いロッド式35t機DD351が2両の客車を持って停車していました。客車内は名物のだるまストーブが焚かれ暖かですが、三脚とカメラバックを放って、デッキに陣取りました。そう、DD351のこの姿が観たいために。
 津軽鉄道のジィーゼル機関車はDD350形351・352号機の2両が在籍していて、どちらも凸型35t機でロッド式ですが、1957年製の351号機のエンジンはDMH17C。1959年製の352号機は220馬力のL6F14ASで、当時から主に352号機が使用されていたようでしたが、いきなりDMH17に会えました。今では本線で使用される機会はなく、ストーブ列車には352号機が使われてい るようです。
 五所川原を発ったストーブ列車は暫し雪に埋もれた近郊区間を走ります。ゆったりとしたDMH17の機関音は雪景色の中に低く力強く響き、厳寒の津軽を吹く風にさらされているのも苦になりませんでした。車掌さんには不思議そうな顔で見られていましたけど。

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★



Copyright (C) 2004〜2009 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved