荒川線 朝の大塚駅

さよなら 東京都交通局 荒川線7500形電車 都電荒川線 三ノ輪橋電停 7500形7512
2011.3.5 都電荒川線 三ノ輪橋電停 7500形7512
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF24-105mm f/4L IS USM

 2010年12月末、魅力的な沿線の景色ともんじゃ焼きに誘われて出掛けた都電 荒川線ですが、すっかり気に入ってしまい、年が明けた2011年3月5日に「さようなら7500形」のHMを掲げた7500形のラストランを撮るために再訪。少しだけWeb Logで速報しましたが、数日後に発生した大震災で私の生活も混乱してしまって、Web Pageで紹介する機会を逃していました。

都電荒川線 大塚駅前-向原電停間 7500形7512
2011.3.5 都電荒川線 大塚駅前-向原電停間 7500形7512
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF24-105mm f/4L IS USM

 1984年から車体を更新のうえ冷房化され、都電荒川線の主力形式として最盛期は13両が走っていた7500形電車。最後まで残った阪堺電気軌道カラーの7511号車と都電標準カラーの7512号車ですが、3月4日から立派な「さようなら」のヘッドマークが掲出されました。向原電停から朝の大塚駅に向かって坂道を降りてくる7500形電車。初春の低い陽射しに沈んだビル街の軌道でしたが、一瞬、正面にお日様が射したシーンを狙ってみました。

都電荒川線 向原電停付近 8800形8809
2011.3.5 都電荒川線 向原電停付近 8800形8806
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

 車道が5車線で両側に歩道が付いた広い幅員の国道254号春日通り。一見、道路と軌道の平面交差は踏切道みたいに見えますが、クロスマーク(警標)も警報機、遮断機も無くて、前後に有るのは交通信号機だけ。交差点仕様でした。

都電荒川線 向原電停付近 8800形8809
2011.3.5 都電荒川線 向原電停付近 8800形8809
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

 朝の向原で待っていると早速、最新鋭のオレンジ、8809号車が走ってきました。ローズレッド、青紫、オレンジ、イエローと多彩なカラーが走る都電 荒川線の8800形電車。昨年末に出掛けた時はイエローの8810号車が登場して賑やかでしたが、オレンジの8808・8809号車には会えませんでしたので、行き成りのチャンス。車体を縁取るオレンジが鮮やかで、淡緑のArakawa Lineの車体標記が絶妙!冬晴れの青空と閑かな街並みが良い感じで、都電の変貌に少し驚きました。

都電荒川線 庚申塚電停 7500形7512
2011.3.5 都電荒川線 庚申塚電停 7500形7512
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF24-105mm f/4L IS USM

 暖かい日溜りの庚申塚電停に停車中の7512号車に、小さなファンが別れを惜しんでいました。積み重ねられた土盛りホームの擁壁、木造のホーム上屋や斜路の柵がとても良い感じで、角張った7500形更新車体が似合っていました。

都電荒川線 庚申塚電停 7500形7512
2011.3.5 都電荒川線 庚申塚電停 7500形7512
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF24-105mm f/4L IS USM

 庚申塚を発車して新庚申塚へ向けて走り去る7512号車。手が入っている生垣と端正な戸建て住宅。背景には静かな雰囲気の住宅地が残っていて、緑色の電化柱には白十字の広告看板。専用軌道敷には真白な砕石が散布され、軌条の継目には合成マクラギが差し込まれていて、荒川線も刻々と進化している様子でした。

都電荒川線 王子電停付近 7500形7512
2011.3.5 都電荒川線 王子電停付近 7500形7512
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF24-105mm f/4L IS USM

 荒川線に乗って王子電停まで移動。電車を降りると三ノ輪橋側から7512号車が戻ってきました。国電?のガード下をくぐりアウトカーブまで走って、歩道敷きから7500形を撮影。こんな時はEOS7DのAFが便利です。

都電荒川線 王子電停付近 7500形7512
2011.3.5 都電荒川線 王子電停付近 7500形7512
Canon EOS7D+BG-E7 Canon EF24-105mm f/4L IS USM

  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2012 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved