輝く小型蒸機 C56160

1988.02.12 七尾線 羽咋−千路駅間

 高崎から急行「能登」の客車に揺られて一晩を過ごし、金沢で七尾線の気動車に乗り換え途中、雪晴れの朝日を浴びる12系の普通列車と交換して千路駅に降立ち、羽咋の方向に戻ると、緩い曲線を描く築堤区間に出会う。
冬の寒空に吹き上げる排煙と汽笛の白煙が刻々と後備に流れ、邑知潟沿いに広がる半島の平野を予想以上の速度で走り抜ける「ときめき」号。

  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2001 by IsaoTAKAYANAGI and Say. All Rights Reserved. Japanese use only.