秩父路の主力形式 1000系登場

 
1986.2.26 秩父鉄道 石原−広瀬川原(貨)駅間 115系+秩父1000系

 お正月から放置状態だったガラクタ写真帳、ひさびさの更新です。
今回のトップは1986年2月に撮影した、惚れ惚れするような原型の115系電車。モノクロでわかり辛いのですが、塗色はスカ色で115系の後ろにも電車が連結されてるし、架線柱も国鉄のものとはチョッと違いますよね。
PALEOを撮影されている方はもうお解かりでしょうけど、区間は秩父鉄道の石原−広瀬川原駅間(現在の石原−ひろせ野鳥の森駅間)です。
 115系の後ろは101系(モハ90)の3連で、秩父鉄道で1000系として活躍する譲渡車の第一編成回送列車。
この第一編成(デハ1001+デハ1101+クハ1201)と第二編成は秩父鉄道仕様への改修が国鉄の工場で施工され、黄色に茶色のラインが入った当時の秩父鉄道塗色に塗り替えられて入線しました。

  

このページはフレームで構成しております。
 途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
 ★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2003 by IsaoTakayanagi and Say. All Rights Reserved