初夏の神流川界隈 165系ラストラン
 新幹線開通前の在来線黄金時代の頃、上野と上州を結ぶ急行運用に活躍していた新前橋電車区の165系電車。
基本組成は7連で、横軽を越える運用に備えてグリーン車が下り方の6両目に連結され、「ゆけむり」、「草津」、「あかぎ」を主に、首都圏の臨時列車で活躍。上越急行「佐渡」、「よねやま」や信越急行「信州」に比べると地味な存在でしたが、高崎線内を14連で走る姿は堂々たるものでした。
 近年は湘南色からモントレー塗色に変更され、波動輸送に徹していた165系も時代の流には逆らえずに2003年6月30日に最後を迎えました。永い間往来してきた高崎線も景色が変り、埼玉県北から群馬県境の長閑な景色も宅地化が進んでいます。新前橋の165系に似合う関東平野の広々とした景色を求めて、最後の撮影地に選んだのは神流川界隈。
 早苗が植えられた水田に暖かい湘南色の影を落とす「さよなら165系上越号」の回送列車。この季節に湘南色のツートーンを順光で美しく撮るには、朝の回送列車が最後のチャンス。早朝から沢山の方々が別れを惜しんで集まりましたが、無事に貴重なシーンを撮ることが出来ました。
 

2003.6.30 高崎線 神保原−新町駅間

このページはフレームで構成しております。
 途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

 
★☆ Train's Photo Gallery ☆★