昭和50年代の上毛電鉄 黄色の旧型電車全盛期の頃 デハ801

上毛電鉄 デハ801 1979.12.27

上毛電鉄 デハ801 1979.12.27

 現代では旧京王井の頭線3000系譲渡車両の700形が活躍し、茶色のレトロ電車デハ101が話題の上毛電鉄ですが、少し前までは長閑な景色の中を黄色い電車が走っていました。上毛電鉄で普通に見られた黄色い電車は、前頭部は平妻で、側面はノーシル・ノーヘッダー。大きな正面窓の硝子はHゴム支持で、側扉はサッシで、ローカルな雰囲気だけど近代的な車体で、このタイプのデハは結構多かったようでよく見かけました。画像はデハ801で、1979年12月27日に撮影しました。デハ801は池田鉄道が開業時に日本車輌で新製した木造電車のデハ2号(1925年完成?)で、信濃鉄道へ譲渡後国有化。1955年に上毛電鉄に譲渡され1966年に主要機器を活かして18.8メートルの金属製車体が新製され、1980年まで活躍しました。
しかし、サボの上に取り付けられた赤色板は何なんでしょうか?


  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2001〜2007 by IsaoTAKAYANAGI and Say. All Rights Reserved. Japanese use only.