大井川鐵道 井川線 DB9特別列車

大井川に沿って雄大な景色の中を蒸機列車や多彩な電車が走る大井川鐵道。
魅力的なのは蒸機列車が走る本線(金谷−千頭間)だけではありません。
千頭から先、更に赤石山脈を目指して井川まで延びる24.5Kmの森林鉄道が井川線。
ダム建設のため敷設された中部電力専用鉄道でしたが、昭和38年から大井川鐵道が委託を受け地方鉄道として運転されています。
関の沢橋梁や長島ダムをはじめとする雄大なロケーションの中やダム建設のため敷設された珍しいアプト式新線を走る小さなDLと客車。
魅力が尽きない井川線で、2001年5月12・13日の二日間で運転されたDB1形9号牽引特別列車の模様を紹介します。

新型客車スロフ316完成記念」のヘッドマークも用意されたDB9(左)とDB8(右)
2001.5.12 千頭駅構内


画像をクリックすると大きなサイズでご覧になれます

  No.1

特別列車がDB8とともに両国車輌区から到着。まずは千頭駅の転車台での重連撮影会。DB8・9は昭和27年に加藤製作所で作られ、昭和30年に井川線にやって来ました。小型のL型車体は森林鉄道の雰囲気にぴったりです。
2001.5.21 千頭構内
       
             
  No.2

新「かわかぜ号」スロフ316形と旧「かわかぜ号」用客車を並べての撮影会。スロフ316は、快速「あかいし」の展望車として活躍したスロニ200を彷彿させる新鋭展望客車。
2001.5.21 千頭構内
   

   
             
  No.3

特別列車は川根両国までDB9と8のプッシュプルで運転。客車は昭和29年の井川線全通時に製造されたCスハフ1形の2両編成。車体の両端のオープンデッキが魅力的。
参加者は、川根両国駅へ先回りして撮影。
2001.5.21 千頭−川根両国
       
             
  No.4

川根両国駅から特別列車に乗車。
中間駅を通過して新緑の中を快走。アプトいちしろ駅では側線退避を行いED90と対面。
この電気機関車は、アプトいちしろ駅と長島ダム駅間の急勾区間用に造られた新鋭アプト式機関車。
2001.5.21 アプトいちしろ駅
       
             
  No.5

アプト式区間はレールの間に敷設されたラックレールと歯車をかみ合わせて急勾配を登り降りし、ED901〜903の3両が活躍中。ここから先はDB9特別列車もED90に推されて長島ダムまで89mの標高差を一気に登ります。
2001.5.21 アプトいちしろ駅
       

NEXTボタンでアプト区間を登る特別列車へお進みください。
  



Copyright (C) 2001 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved