高崎の機関車たちパート8
SIEMENS-SCHUCKERT& MAN
JOSHIN DENTETSU MODEL DEKI


1990.12.1 根古屋−西山名駅間

 高崎近郊の平坦区間を行く、デキ2号機牽引の道床砕石輸送列車。貨物運用が無くなった現在でも事業用やイベント用として1号と3号の2両が現存しています。
 群馬県の高崎と下仁田間を走る上信電鉄は、1897年に軌間762mmの軽便鉄道として開業しました。現代でも千平の先には軽便時代の橋梁跡が残っています。当時の称号は上野鉄道株式会社で、1921年に上信電気鉄道に社名を変更し、1924年には全線に渡って1,067mmへの改軌と直流1,500X電化を同時に達成しています。まだまだ、電鉄機器に係る技術は確立されていなかった時代で、この時輸入された電気機関車3両が現代でも現存するドイツのシーメンスシュケルト社製のデキ形で、小型ながら舶来電機の風格を備えた貴重な機関車です。


  

このページはフレームで構成しております。
 途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

 ★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2003 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved