1983.9.10 クハ6050形普通列車 田野口-駿河徳山駅間

 普段着の大鐵、旧型電車たちが活躍していた少し懐かしい頃の画像を紹介してみましょう。
 先ずは「あかいし」号からです。この写真は確か学生時代に初めて撮影目的で大鐵へ行った時のもので、田野口駅で下車。坂道を登って線路が見えた所から山道を降り、線路傍に辿り着いて古い隋道の出口を狙いました。北陸鉄道加南線から来た6000系列の「しらさぎ」と「あかいし」は外観は似通っていましたが、「しらさぎ」は旧型車発生品機器を流用して車体を新製して作られたつりかけ駆動車。北陸鉄道で「くたに」として新製された「あかいし」はスチール車体でカルダン駆動の新性能車でした。新性能車が逆に災いしたのか1,500X機器に昇圧されることもなく、この頃は小田急から来たモハ1906(小田急デハ1906)が連結され付随車として運転されていました。
 ワンマンカー化後は多客期間の活躍が中心だったようで、撮る機会に恵まれずに終わってしまいました。

1986.2.1 モハ3800+クハ2800形普通列車 塩郷−下泉駅間

 名鉄から来たモハ3800+クハ2800型は端正な旧型電車らしい顔付きと暖かいツートーンの大鐵塗色が魅力で当時は2編成が在籍していていました。名鉄が豊橋−新岐阜駅間の昇圧時に投入した3800系列で特急形式としての風格が漂う名車。同系列最初の譲渡車は300系列のモハ310+クハ510で、後に増備された2編成はモハ3800+クハ2800型と称され計3編成が在籍し、西武から来たモハ312+クハ512、モハ313+クハ513と共に長い間主力として活躍しました。
 撮影の機会も多く親しんできた型式で、。特に塗色が整った多客時の4連は見事でした。そうそう、同系列のクハ510はオープン客車(電車)クハ861に改造され走っていましたよね。

   

Copyright (C) 2003 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved