STEAM LOCOMOTIVE KAWANEJI EXPRESS
Oigawa Rail-way 2004
DISCOVER→JAPAN」・「煙の絵日記」合同オフ会

 三重県にお住まいで、四季の鉄道・バス・植物等を通じて旅と撮影のホームページ「DISCOVER→JAPAN」を公開されていたラビットさんと 、大井川鐡道をメイン蒸気機関車の画像と楽しい撮影日記のホームページ「煙の絵日記」を公開されている草凪みかん さん。どちらのサイトも充実した楽しいページで、普段から同じ趣味を持った方々が集まり、2004年9月4・5日の二日間で2サイト合同オフ会が開催されました。大鉄の新金谷駅からSLかわね路号で千頭へ。井川線のミニ列車に乗り換え、森林鉄道の趣きやアプト区間を体験し た後、奥大井湖上で折り返して、奥泉から路線パスで南アルプスの麓にある山間の温泉、「寸又峡」へ。
自然湧出する硫化水素系の単純硫黄泉は「美人つくり湯」として知られており、ここで一泊して温泉と合同オフ会(大宴会)が催されました。
 二日目はかわね温泉笹間渡で途中下車して、大井川第一橋りょうを行く蒸機列車を撮影。途中参加も含めると総勢26名の大所帯となり、とても楽しいオフ会でした。
 このオフ会には、全国駅弁No.1の人気を誇り、昭和34年の発売開始以来変わらぬ味の松阪牛「元祖特撰牛肉弁当」や名物のすき焼き肉がたっぷりで、蓋を開けると童謡「ふるさと」が流れる日本初のメロディ駅弁 、「モー太郎弁当」で有名なドライブイン・駅弁のあら竹さんの「ぴーちゃん」が三重県の松坂から参加され、初めてお会いしたぴーちゃんは、とても素敵な方でしたよ。
 今、大井川鐡道を走っているC11312号機は、現役時代は仙台や会津で活躍して1975年1月に務めを終えた後、あら竹さんに引き取られ、ぴーちゃんのお祖父さんがドライブインに置いて大切に保存していたのです。C11227が牽く「SLかわね路号」で始った蒸機列車は人気が上昇の一途を 辿り、現役として復元可能な機関車を探していた大井川鐡道は、この312号機に白羽の矢を当てて譲渡を申し入れ 、ぴーちゃんのお祖父さんは312号機を再び本線に戻すことを決断して、1988年4月に大井川鐡道に搬入されました。今回のオフ会はぴーちゃんが「おじいちゃんの機関車」に再会する感動的な場面もあり、新金谷ではテレビや新聞の取材 も賑やかでした。
 そんな訳で、今回はオフ会で撮影した汽車と電車の画像を公開してみましょう。なお、詳細なレポートはみかんさんの「煙の絵日記」ドライブイン・駅弁のあら竹ぴーちゃんの「大井川の旅 蒸気機関車C11312との再会」をご覧になってくださいね。
 ご一緒させていただきました皆様に心より御礼申し上げます。




このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2004 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved