初秋の大井川No.1

C11190臨時SL急行1001レ 2005.9.11

C11190臨時SL急行1001レ 2005.9.11 大井川鐵道 家山構内
Nikon F5 AF80-200mmF2.8D 1/250sec f7.1 RDPV

 汽車の発車シーンと言えば、秩父では上り(熊谷行き)5002列車の長瀞上下副本線発車が定番で、運転日には多くの方々が見物や撮影に集まって賑やかです。でも、周囲の建物をカットしたり、アップで正面から狙ったりと撮影には工夫が必要でして、以前から長閑な雰囲気の大井川で汽車の発車シーンを狙ってみたいと思ってました。
 この日は明方目が覚めちゃって、思い立つまま大井川鐵道へ出掛けてみました。生憎の曇り空でしたが、新金谷駅の車窓には1001レに運用されるためC11190号機が出庫整備中で、側線では列車が仕立られるところで、緑の客車が入った4連が入換中。なかなか良い雰囲気です。

C11190臨時SL急行1001レ 2005.9.11

C11190臨時SL急行1001レ 2005.9.11 大井川鐵道 家山構内
Nikon F5 AF80-200mmF2.8D 1/250sec f7.1 RDPV

 先ずは家山駅で下車。終点方の上下本線の分岐器辺りから発車シーンを狙うことにしました。上下本線と側線2本の構内には手返しのダルマ転てつ器や汽車へ給水するタンクが見られ、構内踏切や木造ホーム上屋も入ります。 臨時SL列車1001レはここで上り電車と交換するダイヤです。周囲には季節の花も咲いていたのですが、今日は素直に発車狙いで広く線路をいれた横位置にカメラを構えて待つことにしました。汽笛を鳴らしながら構内踏切の手前に190号機が停止すると、ホームや構内踏切はお客さんの乗降で賑やかになり、一旦場外停車して進路が開通するのを待っていた上り電車が場内へ進入し交換。長い汽笛を鳴らすと薄紫色の排気を上げて発車していきました。田舎の駅と汽車の発車シーン、やっぱり良いですよね。
 

  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2005 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved