大井川鐵道 井川線DBツアー'06 No.1

2006.5.27  大井川鐵道 千頭駅 井川線の小さな車両たち
NikonF6 AiAF80〜200mmF2.8D PROVIA400X

  大井川鐵道 井川線といえば、南アルプスの懐を目指して大井川上流の険しい風景を走る"南アルプスあぷとライン"の愛称を持つ観光路線。昭和9年に千頭から沢間の間が開通した軌間762mmの専用鉄道を始祖としており、ダム建設で断たれた森林資源輸送や新たな上流へのダム建設の資材輸送に活躍。現代では沿線観光振興のシンボルとして大役を果たす貴重な観光資源となっています。
 毎年、初夏の恒例行事になったDBチャーター運転に今回も参加させていただきました。昨年はボンネットバスとの競演が叶いましたが、今年も土本駅での撮影やアプト区間の見学等、「撮ったり、乗ったり」沢山の企画がありました。
これから紹介させていただく写真は、2006年5月27日に大井川鐵道井川線を走った団体臨時列車を撮影したもので、定期旅客列車ではありません。また、一部の撮影地は険しい山岳区 間で、今回も井川開発事務所の方々にツアー参加者の安全を確保していただいて撮影が叶ったものです。通常は立ち入 れなかったり、近づくと危険な所もあります。

2006.5.27  大井川鐵道 千頭駅 DB9牽引の'06 チャーター列車
NikonF6 AiAF80〜200mmF2.8D PROVIA400X

  当日、小雨が降る千頭駅に到着したDB9は構内に留置されていたスハフ1形を連結し、井川線ホームに据え付けられました。これが2006年DB団体臨時列車です。小さな機関車にオープンデッキの客車は、雨降りの景色にも映えそ うです。
 

2006.5.27  大井川鐵道 千頭駅 DB9の運転室内
NikonF6 Tokina AF193 19〜35mmF3.5〜4.5 PROVIA400X

 これがDB9の運転室で、広角ズームレンズ(19mm相当)で撮っていますが、とても狭いです。実物は古い重機の運転台に似た感じですが、真鍮色に光るブレーキハンドルは立派。


  



このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved