夏のSL急行 大井川第一橋梁

ホームに止まっていたのは何と唯一非冷房の旧型電車の402系列。(モ421+ク571の2両1編成だけですが。)昭和21年に日本車輌で完成した近鉄の特急用電車で、天井の扇風機がブンブン廻っていました。
2007年8月 大井川鐵道 金谷駅 402系列モ421+ク571形
Nikon F90X Tokina AT-X28〜70mmF2.8 1/125 f11 RDPV

 今年の関東は夏休みに入っても梅雨が明けずに8月初旬も曇天が続きましたが、中旬になると汽車を撮る気力も失せる程凄い猛暑が続きました。この春からイベントのお手伝いやらで撮れる機会が少し減って、パレオ撮影に出掛けても考えずに無難に済ませちゃて。私は写欲が低下すると「注意信号」でして、思い切って大井川鐵道の汽車を観に出掛けちゃいました。
 真夏の川根路に出掛けるなんて久々のことで、大井川本線の起点の金谷駅に着くと、白くて大きな雲が流れる真夏の空が広がっていました。ホームに止まっていたのは何と唯一非冷房の旧型電車の402系列。(モ421+ク571の2両1編成だけですが。)昭和21年に日本車輌で完成した近鉄の特急用電車で、天井の扇風機がブンブン廻っていました。かわね温泉笹間渡駅まで乗った旧型電車は、全開の窓から車内に大きな歯車音、直流気中開閉器(遮断器)の動作音や制輪子(ブレーキシュー)の軋みが響いてました。深い緑を掠めながら走って、車内まで草の匂いまで入ってきたり、他では味わえない懐かしい雰囲気を楽しみました。

かわね温泉笹間渡駅で降りて大井川第一橋梁へ
2007年8月 大井川鐵道 抜里-かわね温泉笹間渡駅間 C11227臨時SL急行
Nikon F90X Tokina AT-X28〜70mmF2.8 1/250 f8.0 RDPV

 かわね温泉笹間渡駅で降りて大井川第一橋梁へ。やっぱり、夏の大井川といえば先ずここでしょう。鋼板桁が連なった橋梁が広い川原に架かり、背景の山並みも青い流れも正に夏景色。灼熱の川原を歩いて下流側の流れの岸までたどり着き、何故かカメラバックに入っていた冷たい缶ビールを煽ると一気に汗が吹き出てきました。臨時SL列車は少し後追い気味に狙い、C11227号機が夏らしい黒煙を躍らせながら橋梁を渡っていきました。

臨時SL列車は少し後追い気味に狙い、C11227号機が夏らしい黒煙を躍らせながら橋梁を渡っていきました

2007年8月 大井川鐵道 抜里-かわね温泉笹間渡駅間 C11227臨時SL急行
Nikon F90X Tokina AT-X28〜70mmF2.8 1/250 f8.0 RDPV
 

  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2007 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved