夏の大井川

大井川鐵道SL急行かわね路 C11190
2011.8.6 大井川鐵道 川根温泉笹間渡-地名駅間 C11190臨時SL急行
Canon EOS 7D Canon EF24-105mm f/4L IS USM 1/500sec F4.0 ISO200

 地名坂に着いた時は快晴で、気温は34℃だったとか。あまり動き回る気力も無くて、場内信号機付近から坂道を登ってくるC11190号機を撮影。排気音が強烈に響いて、絶好調な様子で客車5両を持って単機牽引で登ってきました。ま〜、真夏の蒸機ですから、煙突周りに漂う湯気が見られただけでも良しとしましょう。

大井川鐵道21001系電車
2011.8.6 大井川鐵道 抜里-川根温泉笹間渡駅間 21001系電車
Canon EOS 7D Canon EF24-105mm f/4L IS USM 1/500sec F8.0 ISO200

 続いて川根温泉笹間渡駅の近くに盛大に咲いていたひまわりと電車を絡めて見ました。SL列車を狙うにはひまわりの向きがイマイチで、(強引に絡めても、沢山咲いたひまわりの後姿は寂しいですから・・・)夏景色に緑の車体が妙に似合っていた旧南海のズームカーの後姿です。

大井川鐵道SL急行かわね路 C5644
2011.8.6 大井川鐵道 抜里-川根温泉笹間渡駅間 SL急行かわね路101列車
Canon EOS 7D Canon EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM1/1250sec F6.3 ISO400

夏らしい青空が広がった抜里-川根温泉笹間渡駅間の第1橋りょう。C5644号機がチョッとだけ湯気を漂わせて駆け抜けていきました。

大井川鐵道SL急行かわね路 C5644
2011.8.6 大井川鐵道 新金谷駅 臨時SL急行
Canon EOS 7D Canon EF24-105mm f/4L IS USM 1/250sec F6.3 ISO400

大井川鐵道では平成23年10月1日のダイヤが改正され、SL列車の運転区間が金谷−千頭駅間から新金谷-千頭駅間に変わり、残念ながら金谷-新金谷駅間にはSL列車が走らなくなりました。更に10月7日から、既設の千頭駅の転車台に加えて新金谷駅の転車台が使用開始されて下りSL列車が千頭駅に到着後SLが転向されるので、復路のSL列車のバック運転が解消されました。
 復路、上りSL列車を牽くC56 44機が大井川第1橋りょうをバック運転で渡る姿も、新金谷駅でスタフを受け取って、終点の金谷駅に向けて発車するSL列車も、貴重な記録になりました。

大井川鐵道SL急行かわね路 C5644
2011.8.6 大井川鐵道 新金谷駅 臨時SL急行
Canon EOS 7D Canon EF24-105mm f/4L IS USM 1/250sec F6.3 ISO400

大井川鐵道E101
2011.8.6 大井川鐵道 新金谷駅 E101電気機関車
Canon EOS 7D Canon EF24-105mm f/4L IS USM 1/200sec F10 ISO400

 大井川鐵道の魅力といえばSLや旧型客車だけではありません。今では貴重になった茶色の旧型電気機関車も貴重な存在。E10形は昭和24年の電化時に三菱電機で2両が製造された大鐵オリジナルの45t、主電動機出力600kw/hの堅実な仕様の箱形電機。E101号機は新金谷構内の側線に留置され、車体標記では検査の期限が平成23年4月となっており、再度、全般的な検査を施行しないと本線を走れない様子でした。

大井川鐵道E102
2011.8.6 大井川鐵道 新金谷駅 E102電気機関車
Canon EOS 7D Canon EF24-105mm f/4L IS USM 1/200sec F13 ISO400

 E102号機はこの日のビール列車の牽引に備え、パンタグラフを上げて待機中でした。23年8月現在、本線で使用出来る電気機関車がE102号機と501号機の2両のみで、本線で営業列車の先頭に立てるのはATS車上装置が搭載されているE102号機だけの様子です。8月の繁忙期にSL列車が2往復ともEL補機付きになると予備無しの綱渡り?。西武から来たE31形の使用開始はまだ先になりそうだし、茶色の旧型電機がフル稼働で活躍中でした。

  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2011 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved