高崎の機関車たち 2003年新春特別企画
DD51+12系客車 八高線高尾臨
DD51+12系客車 八高線 高尾臨

 皆さん、明けましておめでとうございます。2003年も良い年になりますようお祈り申し上げます。
 PALEO EXPRESS冬眠中、繋ぎの企画を考えなくちゃ。気まぐれ企画、「高崎の機関車たち」の第5回目は高一のDD51です。お正月を迎えると高崎エリアから成田山、高尾山、鎌倉に向う臨時列車が善男善女を乗せて多数運転されていました。スキーシーズンと重なり、高シマの165系や高タカの12系客車はフル回転で活躍。近年は12系客車の運用が無くなり165系の活躍も今年が最後になりそうです。急行形車両や客車列車という言葉自体が過去に消え去ってしまうのでしょうか。
 初詣団臨の中でも人気が高かったのが高崎から八高線経由で高尾に向う通称「高尾臨」で、普段はセメント貨物を牽く高一のDD51が堂々12系7連の先頭に立って活躍しました。
写真は1983年1月の撮影で、高尾山初詣と書かれた電車急行タイプのヘッドマーク付けています。

1983.1 八高線 児玉-丹荘駅間


 
  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2003 by IsaoTAKAYANAGI and Say. All Rights Reserved. Japanese use only.