東武鉄道 「釣り掛け」健在の頃


 

 1980年代前半。東武鉄道では7300系・7800系・5700系をはじめ釣り掛け式駆動、半鋼製車体の電車が現役で活躍していました。この頃の東武はオレンジとベージュの二色塗りからクリーム一色塗りに変って外観は冴えないし、ほとんど撮っていなかったのですが、よ〜く観ると旧型らしい端整な顔立ちで、最後の活躍を撮り始めました。
 小川町〜寄居駅間の区間運転には8000系も入りましたが、7300系・7800系・5000系が多く、山間を走る東武竹沢〜男衾駅間で狙った写真です。
 7300系は戦後、国鉄から譲渡を受けた63形を改修した73形で、後にモハ7300形式を中心に7300系と称されました。昭和34年から施工された車体更新により外観から7800系と見分けるのは難しく、グローブベンチレーターとTR25タイプの台車が特徴でした。
左の写真は7300系2連を先頭に7800系4連が続く6両編成で、運転台側正面窓が若干小さいタイプです。

1983.6.4
東上線 東武竹沢〜男衾駅間
ミノルタXD 135mm トライX


 
  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2001 by IsaoTAKAYANAGI and Say. All Rights Reserved. Japanese use only.