タブレット閉塞の頃の八高線

 特殊自動閉そく化され、貨物列車も全廃されてしまった八高線。
1994年まではタブレット閉塞による運転が行われていました。この頃はDD51重連貨物列車も健在で、乗務員が機関車のキャブから身を乗り出してタブレットキャリアを授受する駅通過は迫力がありました。
 チンチン・ボンボンと、鐘とゼンマイの電鈴で閉塞区間両端の駅長さんが呼び出し、電信を行って、閉塞を承認。赤いタブレット閉塞機から唯1枚のタブレットを取出して、列車はこれを携帯して運転するのがタブレット閉塞。発駅の閉塞の求めと着駅の閉塞の承認を閉塞機のプランジャーを扱うことにより行い、閉塞区間の両端駅にある一対の閉塞機から一枚のタブレットが取出せ、取出したタブレットを再度どちらかの閉塞機に収納しない限り、次のタブレットは取出せないよう鎖錠される仕組みになっていました。
 列車の安全は運転士がタブレットを携帯することにより守られていたんです。

★ お願い ★
このページは画像中心に作りましたので、表示されるまでに少し時間がかかります。
気に入っていただけましたら、その画像をクリックすると大きなサイズでご覧になれます



 タブレット閉そく区間を通過運転をする列車のダイナミックな授受シーンを見ていただきましょう。
まず、ホーム外れの受棒にタブレットキャリアを装着して列車の通過を待ちます。
写真は、折返し使用で交換列車の運転士から受取ったタブレットを装着しているところです。

94.05.07 丹荘駅 94.05.17 児玉駅
タブレット閉塞区間の象徴だったスパイラル(授棒)。
通過列車は、この授棒に走って来た閉塞区間のタブレットをシュートしました。

94.05.07 丹荘駅

 そして、次の閉塞区間のタブレットを受取りました。
ホーム外れの受棒に装着されたタブレットキャリアを車上からキャッチするシーンは迫力万点で、腕でしっかり受取る人、手首に引っ掛けるようにすくい上げる人、掌で巧みに掴む人と様様でした。

94.05.14 丹荘駅 94.05.09 丹荘駅  94.05.18 丹荘駅
94.02.28 丹荘駅 94.02.26 丹荘駅 94.05.07 丹荘駅

無事にタブレットを受け取ると、DD51のエンジンが唸り薄紫の排煙を吹上げて目前を駆抜けて行きました。

94.03.16 児玉駅

   


このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2000-2007 by ISAO Takayanagi and Say. All rights reserved. Japanese use only.