南部縦貫鉄道レールバス 西千曳駅付近
1996年6月16日 南部縦貫鉄道 野辺地-西千曳駅間 レールバス キハ101

 1996年6月16日、朝の南部縦貫鉄道です。野辺地-西千曳駅間ですが、西千曳駅のホームから野辺地側を見ると、旧東北本線の千曳駅のホームが白い花に覆われていました。小さいキク科の花のように見えたのですが、花の名前は解りません。生憎の雨空の下に咲く白が良い感じで、花に覆われた旧国鉄千曳駅跡から野辺地行きのレールバスを撮ってみました。運用されていたのはキハ101で、黒塗りの窓枠に久々の対面。前面窓に少し違和感がありますが、野辺地方の前面だけ、4本の縦の中桟が黒く塗られていました。

南部縦貫鉄道レールバス 西千曳駅付近
1996年6月16日 南部縦貫鉄道 野辺地-西千曳駅間 レールバス キハ101

 折り返して来る七戸行きは西千曳駅のホーム先から旧国鉄千曳駅のホームを通過するシーンを撮ってみました。昔は東北本線の駅だった千曳駅ですが、草むした土盛りのホームと笠石に当時の名残が感じられました。

南部縦貫鉄道DC251 七戸駅
1996年6月16日 南部縦貫鉄道 七戸駅 DC251

 1996年6月16日の南部縦貫鉄道 七戸駅。南部縦貫の小さな内燃機関車たちが構内に佇んでいました。DC25形DC251は羽後交通横荘線の全廃により南部縦貫鉄道にやって来ました。1959年、協三工業製の25t機関車。DD451の予備として貨物列車の牽引に使われていましたが、貨物輸送廃止後は活躍の機会もなく七戸で眠っていました。

南部縦貫鉄道DC451 七戸駅
1996年6月16日 南部縦貫鉄道 七戸駅 DC451

 DD45型DD451は1962年に日立製作所で作られた重量45tの地方ローカル私鉄に似合わない本格的な機関車。年間10万t以上の砂鉄輸送を目的に作られましたが、その力を持て余しながら細々と貨物列車を牽引。貨物輸送廃止後はDC251と同様、活躍の機会がありませんでした。私の地元の上武鉄道で末期の主力機関車として走っていたD形機関車と似ていて、妙に親近感がありました。

南部縦貫鉄道DC251 七戸駅
1996年6月16日 南部縦貫鉄道 七戸駅 DC251・DC451

 

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2012 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved