パレオエクスプレス復活20周年 No.1
国鉄分割民営化の前夜、高崎客車区を高崎運転所へ改称して高崎第二機関区と統合のうえ発足した高崎運転所に留置される復活整備前のC58363号機。
 1987.3.27 日本国有鉄道 高崎運転所構内 C58363とEF5911

 国鉄分割民営化の前夜、高崎客車区を高崎運転所へ改称して高崎第二機関区と統合のうえ発足した高崎運転所に留置される復活整備前のC58363号機。当時、高崎には様々な電気機関車が集結していましたが、転車台の傍でEF5911号機と並んで静かに佇んでいました。
 C58363号機の原型といえば、復活整備される直前の姿が一つの目安になるのでしょうか。太平洋戦争中の1944年(昭和19年)に川崎車輛で完成しており、1943年(昭和18年)に発注された基本設計(通称 戦前型)に区分される車両としては最後に作られたグループです。1944年(昭和19年)に完成した363号機は、最初に東北の釜石機関区に配置され、1947年(昭和22年)に仙台機関区に移り 、昭和25年からは長町機関区の入換用機関車になりました。昭和40年からは再び本線に復帰して石巻線、陸羽西線、陸羽東線、磐越西線と、東北南部や新潟で活躍しました。最後は新庄機関区に配置されて1972年(昭和47年)10月に1,054,826Kmを走って運用を離脱、同年12月1日付で廃車されています。廃車後は国鉄から無償貸与された埼玉県の吹上小学校に保存。校庭で静かに余生を送っていました。そして1988年3月に埼玉県熊谷市で開催された「さいたま博」の協賛事業として、秩父鉄道でのSL列車運転が実現。C58363は牽引機として抜擢され、21世紀を走る唯一のC58形として秩父路に華々しく復活しました。
 この画像は復活を待つ一時の姿です。

C58363号機の原型といえば、復活整備される直前の姿が一つの目安になるのでしょうか。
1987.3.27 日本国有鉄道 高崎運転所構内 C58363

 国鉄の本線上から蒸気機関車が引退したのは1975年10月で、室蘭本線を走ったC57135の旅客列車が最後でした。蒸気機関車は一旦、本線路から消えましたが、1976年7月には大井川鉄道でC11227が運行を開始しました。3年後の1979年8月には国鉄の山口線でSLやまぐち号が運行を開始し、C571号機とC581号機の勇姿が戻ってきました。国鉄の分割民営化の直前になって秩父鉄道でのSL復活が持ち上がり、突如、吹上小学校の校庭で佇んでいたC58363号機がトレーラーで吹上駅に運ばれ、復線しました。


  

このページはフレームを使って作成しました。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧ください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2007 by ISAO Takayanagi and SAY. All Rights Reserved