高崎線 −神流川橋梁辺り−

 高崎線神保原〜新町駅間。列車はここで、武蔵と上州の国を分ける神流川橋梁を渡ります。
関東平野の末端。ただただ広い景色とゆるやかに屈曲する線路に、どちらかというと撮りづらいトラス橋。
イベント列車運転の時には沢山の鉄道ファンの皆さんが訪れるこの辺りも、普段はなんの変哲もない線路っ端。
 晩秋を過ぎると、広い景色の中で朝夕の斜光線を浴び、列車たちが輝き出します。
暖かい光りと強いコントラスト挑んだ自信作にイベント列車他、珍しいシーンを加えた12枚を掲載しています。

1994.11.04 高崎線 神保原〜新町駅間 EF641000タンカートレイン 

 よろしければ、下のNEXTボタンで次の写真に進んでください。