夢の超特急 東海道新幹線 0系電車

0系
1997年12月28日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 0系こだま 0系NH32編成

 2008年12月14日はJR西日本の0系新幹線電車が山陽新幹線をラストラン。JR西日本、山陽新幹線で最後の活躍をしていた国鉄制式元祖新幹線車両の0系電車が定期運用を終え、昭和の「夢の超特急」が話題になりました。1964年の東海道新幹線開業時に投入されてから同形式が40年以上、超特急として新幹線を走ったのは驚きですね。
 最初に紹介するのは朝霧が残る牧の原台地を行くNH32編成「こだま」です。夢の超特急「ひかり」用の16両編成で最後まで残っていたJR西日本の0系NH(New Hikari)編成には食堂車(35・36形式)、半室ビュフェ車(37形式)とグリーン車2両(15・16形式)が組み込まれた超特急に相応しい姿でした。JR東海と西日本の相互乗入れの走行距離を合わせるため、当時は東海道区間で「こだま」として最後の活躍中でした。500系と300系の増備で1999年3月には東海道区間に残っていた0系「こだま」が100系に置き換えられ、0系最後の「ひかり」用16両編成として残ったNH32編成は波動輸送用に細々と活躍していましたが、1999年8月に最後の営業運転を終え、0系16両編成は消えて行きました。

東海道新幹線0系
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 0系こだま
Canon EOS1NHS EF300mmF4.0+1.4EX RDP×2倍増感

東海道新幹線0系YK編成
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 0系こだま YK23編成
Canon EOS1NHS EF85mmF1.8 RDPU×2倍増感

 東海道新幹線で最後の活躍をしていた0系電車を紹介ます。先ずは1997年12月13日に撮った東海道新幹線「こだま号」のJR東海所属YK編成。それまで12両だったJR東海の「こだま号」用S・SK編成は1989年に中間車を4両組み込んで「ひかり号」と統一された16両編成になって、Y・YK編成を名乗る事に。「こだま号」用でグリーン車は8号車の1両だけでしたが、5号車にはビュフェ車が残っていました。最後までJR東海に残った0系YK編成は、白い大きなJRマークが無いのが特徴で、東海道新幹線「夢の超特急」の風格が漂う16連は魅力的でした。

東海道新幹線0系NH編成
1998年1月25日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 0系こだま NH18編成
Canon EOS1NHS EF85mmF1.8 RDPU×2倍増感

 次は1998年1月25日に撮ったJR西日本所属のNH18編成で、東京方から2両目には貴重な0番台長窓車が残っていました。NH編成は「ひかり号」用の16両編成で、この頃は東海道新幹線の「こだま号」でも活躍していました。食堂車とビュフェ、グリーン車も2両連結されて往年の0系の風格が残っていました。

東海道新幹線0系NH23編成
1998年1月25日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 0系こだま NH23編成
Canon EOS1NHS EF300mmF4.0 RDPU×2倍増感

 東海道新幹線から0系「こだま」の撤退が迫ってきた1998年1月25日に撮ったシーンを紹介してみます。流し撮りは自信が無かったし、高速で走る新幹線流しは一気にカメラを振るのが精いっぱい。でも、流してみると意外と気持ち良くて、じわじわ、ガクガクと汽車を流す方が難しいのを実感しました。これで颯爽と走る0系新幹線の列車とは「さよなら」です。(2009年1月12日)

東海道新幹線0系
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 0系こだま YK編成
Canon EOS1NHS EF200mmF2.8 RDPU×2倍増感

 穏やかなアイボリーホワイトのボディーの側窓周りに一直線にのびる新幹線ブルーの帯。昭和30年代の旅客機みたいな前頭は当時、最新のデザインだったのでしょうけど、昭和レトロな優しさが漂っているような。貴重な0系ですから、車両としては末永く保存されるでしょう。

  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2009 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved