夢の超特急 東海道新幹線 100系電車

東海道新幹線100系ひかり
1997年12月28日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 100系G編成
Canon EOS1NHS EF50mmF1.4 RDPU×2倍増感

 東海道の二代目新幹線の100系電車。1964年の開業の時から延々と東海道新幹線を走り続けていた0系に続いて1985年に東海道新幹線に登場しました。1982年に走り始めた東北・上越新幹線200系電車の流線型が更に鋭くなって、縦に2灯並びだったライトが横2灯のデザインに変わって、チョッと鋭い目つきの新幹線。

東海道新幹線100系 JR 西日本グランドひかり V3編成
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 100系V3編成
Canon EOS1NHS EF85mmF1.8 RDPU×2倍増感

 JR西日本所属のV3編成の100N系と呼ばれた100系3000番台の「グランドひかり」です。9本が存在したV編成は、先頭車が電動車に変わって7〜10号車に2階建ての付随車4両が連結され、8号車の2階は食堂車の豪華な編成でした。

100系新幹線 静岡-掛川駅間
1997年12月28日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 100系ひかり
Canon EOS1NHS EF300mmF4.0 RDPU×2倍増感

 1997年12月の撮影で、この頃の東海道は500系「のぞみ」がデビューして、「こだま」では0系が最後の活躍中。「のぞみ」の主力は300系で「ひかり」は100系がメイン。二階建て中間車が4両入って、先頭車両も電動車だった16連の「グランドひかり」も走っていて、東海道新幹線は面白かったな〜。次々と走ってくるので、一日一往復の復活蒸機を狙うのと違って、無謀な流し撮りにも気楽に挑戦できました。

東海道新幹線 JR東海 G37編成
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 100系G37編成
Canon EOS1NHS EF50mmF1.4 RDPU×2倍増感

 1985年に登場した新幹線36次車(後の100系電車)は鋭くなった流線型デザインと横2灯のライトが斬新で、2階建中間車も登場しました。主電動機は直流直巻電動機のままでしたが、制御方式は低圧タップ切替方式からサイリスタ位相制御に変更。台車は0系と同様で、客室内の設備やデザインは新しくなっていましたが、高速域で使う電気ブレーキは電動車が発電ブレーキで付随車は渦電流ブレーキでした。スタイルは斬新だった100系新幹線ですが性能を考えると0系のマイナーチェンジ車で、0系新幹線の次世代形式は百桁偶数番台を割当てられた東北・上越新幹線用の200系で、東海道を走った100系は基本的には0系新幹線の100番台でしょう。

東海道新幹線 100系
1997年12月28日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 100系G編成
Canon EOS1NHS EF85mmF1.8 RDPU×2倍増感

戻る  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2009 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved