緑の疾風 東北・上越新幹線200系

東北新幹線 やまびこ HI編成
1998年1月3日 東北新幹線 郡山-福島駅間 200系H1編成 スーパーやまびこ

 1982年の東北・上越新幹線開業時に投入された200系新幹線電車。東海道新幹線用に100系を空き番として200形式を名乗ったこの系列は、床下機器類が車体から一体の機器スペース内に収められたボディーマウント方式と呼ばれる耐雪・耐寒構造のアルミ合金製車体で、側窓を囲んだ緑色のラインが特徴でした。
 200系電車は12〜8両編成が主で、東海道新幹線と比べてローカルな感じでしたが、東北新幹線には堂々16両編成のH編成も走っていました。9・10号車には2階建ての中間車が組み込まれて、先頭車は100系と同様のデザインのシャークノーズ。16両の長大編成で2階建て車両にはグリーン座席の他カフェテリアスペースと普通個室もありました。245km/h走行対応のH1〜6の6編成は主に東北新幹線のスーパー「やまびこ」で活躍していました。
 画像は1998年1月3日に郡山-福島駅間、福島トンネルの福島側で撮ったH1編成です。先頭は中間車から先頭車に改造された200番代で、2004年に廃車されてしまいました。

上越新幹線 あさひ 最高速度275km/hの超特急F90編成
1998年1月15日 上越新幹線 熊谷-高崎駅間 200系F90編成 スーパーあさひ

 今では本庄早稲田駅構内になってしまった辺りの熊谷-高崎駅間を行く200系あさひ号のF90編成です。この頃、この場所は公道の田舎道に新幹線保守用通路の入口があって、扉開閉用の手掛け?の丸い切欠き穴から線路を覗いたらいい感じで、鉄道用地として区切られた区域に立ち入らずにこんなシーンが撮れました。
 画像は1998年1月の撮影で、当時、東海道新幹線の300系「のぞみ」は最高速度275km/hまで許容されていたはずで、200系F90編成も「のぞみ」と同じく上越新幹線下り列車で最高速度275km/h運転するための編成でした。「あさひ」用のF編成を改造して、専用のトランスポンダ取付けや先頭車のパンタグラフ撤去が行われ、F90〜F93編成の4編成が改造されたスーパー200系でした。

東北新幹線 G23編成
1998年1月3日 東北新幹線 郡山-福島駅間 200系G23編成 やまびこ

 G編成は200系電車の基本だったE編成が10両や8両編成に減車されていて、各停タイプの「とき」や「あおば」で走っていたようです。東北新幹線での撮影ですが、20番台の編成は新潟所属でビュッフェは無く、短編成化のためグリーンと普通合造車に改造した車両が上り方5両目に連結されていました。最高速度は210km/hのまま改造されず、この2年後には廃車されてしまいました。

長野新幹線 幻の200系あさま F80編成
 1998年2月22日 長野新幹線 佐久平-上田駅間 200系F80編成 あさま602号9602E

 1998年2月22日に長野新幹線の佐久平-上田駅間 丸子トンネル上り方で撮った200系F80編成 あさま602号9602Eです。1997年10月1日に高崎-長野間117kmが開業した北陸新幹線(長野行新幹線)。早速、翌年の冬季に開催された長野オリンピックの波動輸送で活躍し、当時は話題になりましたね。高低偏位がシビアな新幹線の本線にシンプルカテナリーの電車線が張られていたのは驚きでした。長野新幹線と言えばE2系電車のN編成で、AC25KV 50Hzと60Hzのセクションを直通し、30‰の急勾配を最高速度210km/hで駆け降りる、正に夢の超特急でした。
 E2系電車のN編成が専属で走っている長野新幹線ですが、元祖「夢の超特急」の印象を受け継いだ流線形の200系電車で営業運転された事もありました。長野オリンピックの波動輸送用?に12両編成のF17編成を改造して、発電ブレーキ時の主電動機ローターの回転抑制力を強化し、電源も50Hz/60Hzの切替に対応した他、長野新幹線での運転を可能にしたのがF80編成でした。結局、改造されたのは1編成だけで、2004年には廃車されてしまったようです。信濃路を駆ける200系新幹線は貴重な記録になりました。

東北新幹線 スーパーやまびこ200系 H6編成
1998年1月1日 東北新幹線 郡山-福島駅間 200系H6編成 スーパーやまびこ

 正式名称だったのかは解りませんが、H6編成の「スーパーやまびこ」です。最高運転速度240km/hの速達タイプは当時、「スーパーやまびこ」と呼ばれていました。H6編成は側窓を囲むの緑のラインの下に入ったピンストライプとシャークノーズの先頭車が特徴だったH編成の最終番でした。

東北新幹線 200系オリジナルカラー
1998年1月3日 東北新幹線 郡山-福島駅間 200系K45編成 やまびこ

 0系タイプの流線形先頭車で10両の堂々とした姿は200系のK45編成で、山形新幹線400系と秋田新幹線E3系に併結するための連結器及び自動解結装置が装備されていました。

200系ドクターイエロー
1997年11月19日 長野新幹線の佐久平-上田駅間 925形0番台S1編成

 ドクターイエローと言えば、新幹線の架線や軌道の状況から列車検知・制御信号やそのデータ通信品質まで測定、収集記録して、維持管理を支える軌道と電気・運転保安関係全般の試験計測車。925形0番台S1編成は1979年に東北・上越新幹線の開業前の総合的な実証試験のため投入された7両編成の先行試験車で、開業後はドクターイエローS1編成として活躍。長野新幹線開業に伴い、F80編成と同様に50/60Hzセクション通過と30/1000勾対応となり、2001年まで活躍していました。

200系新幹線F編成
1998年1月3日 東北新幹線 郡山-福島駅間 200系K53編成 やまびこ

 東北、上越新幹線で開業時から走っていたE32編成が240km/h対応に改造されたF53編成。F編成は最後まで残ったF19が2007年に引退してしまいましたが、1998年当時は、まだまだ東北・上越新幹線の主力で、先頭は0系タイプの流線形で12両編成の堂々とした姿でした。

戻る  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2009 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved