夢の超特急のぞみ形 東海道新幹線300系

東海道新幹線300系のぞみ
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 東海道新幹線300系 のぞみ
Canon EOS1NHS EF300mmF4.0+1.4EX RDPU×2倍増感

 1990年に登場した300系新幹線電車の試作車J0編成は、新幹線のシンボルだった「ひかり前頭」の丸い連結器のカバーが無いし、アルミ合金に変わった車体は0系や100系に比べて小さくなって、車体重量、走行抵抗、車両重心が低減されました。0系、100系と長く続いた流線形の新幹線が初めてフルモデルチェンジした300系は、延々と続いた直流の走行用モーターから、半導体素子のゲート ターン オフ サイリスタ(GTO)で交流電圧と周波数を変えて、交流モーターの三相誘導電動機を制御する可変電圧 可変周波数制御(VVVF)になって、軽量化されながら編成のモーター出力は12,000kWに達しています。

東海道新幹線のぞみ J9編成
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 300系J9編成
Canon EOS1NHS EF50mmF1.4 RDPU×2倍増感

 1964年の開業以来、直流直巻電動機の0系と100系が主力だった東海道新幹線に登場した300系新幹線電車。沿線で問題となっていた騒音を抑えるためのパンタグラフカバーや車体平滑化でプラグドアを採用。アルミニウム合金製で在来系列より40センチも車高を低くして空気抵抗を抑え、GTO素子によるVVVF制御で交流の主電動機が採用されました。現代、こだまで活躍している300系に乗るとスイッチングする周波数が低いのでチョッとVVVFの音がリアルに聞こえますが、これも力行らしい迫力があって良い感じかも。

東海道新幹線 のぞみ J1編成
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 300系J1(J0)編成
Canon EOS1NHS EF300mmF4.0 RDPU×2倍増感

 1990年に登場した300系9000番台のJ0編成は、営業最高速度270km/hの俊足で東京-新大阪駅間を2時間半で結ぶ新しい「夢の超特急」を実現させるために先行投入された試作編成でした。約2年間に渡る試験走行を終えた後、量産車仕様に改造されて300系J1編成として営業運転で走っていました。
 撮った時は流し撮りに夢中で、全く気付かなかったのですが、フィルム時代の成果を整理していて発見し、J1編成のポジをスキャンしてみました。試作車のJ0編成の前頭は量産車に比べると少し鋭くて複雑な曲線でした。

東海道新幹線のぞみ 300系
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 300系
Canon EOS1NHS EF300mmF4.0 RDPU×2倍増感

 外観では量産車との違いはわずかなのですが、正面から見るとJ1編成の特徴が良く解ります。見比べられるように同じ場所から撮った300系量産車のJ33編成もアップしてみます。「300系くんはチョッと太っちゃったかな〜」という感じで、前照灯器具の形状と絶妙の実用的な曲線ですね。

JR西日本 新幹線300系3000番台F3編成
1997年12月13日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 300系F3編成
Canon EOS1NHS EF50mmF1.4 RDPU×2倍増感

 最高速度270km/hを叶えた「夢の超特急」300系はJR東海のJ編成が主力ですが、1993年3月の「のぞみ」博多駅延長に伴いJR西日本にも300系3000番台(F編成)が9編成投入されました。

東海道新幹線 夢の270km/h超特急 3000系のぞみ
1997年12月28日 東海道新幹線 静岡-掛川駅間 300系のぞみ
Canon EOS1NHS EF50mmF1.4 RDPU×2倍増感

 東京-新大阪駅間を約2時間30分走った「のぞみ」は話題になりましたが、最近は「のぞみ」や「ひかり」を途中退避しながら270km/hで走る「こだま」で活躍している様子で、ホンとに新幹線は時の流れも速いですね。700系に続いてN700系の増備が進んでいるし、300系も2〜3年先には東海道から撤退してしまうのでしょうか。登場時は嫌いだった300系ですが、大井川鐵道へ出掛ける時は高加減速性能を活かして地味な「こだま」運用に徹している300系に乗るのが常で、最近は最後の電車らしい外観の新幹線、300系が好きになってきました。

戻る  

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2009 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved