上越線の列車No.1 特急はくたか
ボンネットタイプの先頭車が似合っていた特急はくたか 489系電車(金サワ)
1980.5 上越線 敷島-津久田駅間

 ボンネットタイプの先頭車が似合っていた特急はくたか 489系電車(金サワ)  上野−金沢間を上越線経由で走っていた特急「はくたか」は、1961年(昭和36年)に運転を開始した大阪−上野・青森を結ぶ80系気動車特急の「白鳥」を前身としており、1965年(昭和40年10月)に上野駅−金沢駅間の列車が「白鳥」から分離、名称も「はくたか」に変更されて誕生しました。1969年(昭和44年)には北陸本線の電化が完了し、信越線から上越線経由に変更のうえ、電車特急化されました。食堂車を連結した大阪(日向町)の485系が遥々、上野までやって来る「はくたか」はファンの間で人気が高い列車でした。

特急はくたか 489系電車(金サワ)
1982.10.7 上越線 津久田-岩本駅間
特急はくたか 489系電車(金サワ)

特急「白山」489系 高崎線 高崎駅
特急「白山」489系 高崎線 高崎駅

 高崎駅1番ホームに停車中の特急「白山」。489系は信越線 横川-軽井沢駅間の碓氷峠で、電車とEF63形電気機関車との協調運転を実現させた形式で、碓氷峠を越える列車で12連の長大編成が可能となりました。


前のページへ戻る  次のページへ進む

ホームページへ

このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
Train's Photo Gallery

Copyright (C) 2008 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved