上越線の列車No.4 急行「佐渡」、「ゆけむり」

1981.12.25 上越線 水上−湯檜曽駅間
上野-新潟駅間を運転していた急行「佐渡」 165系電車

 165系電車は1963年(昭和38年)6月のダイヤ改正時、上野−新潟駅間を結ぶ急行列車「越路」、「佐渡」、「弥彦」で上越線に登場しました。それまでの急行用新性能電車、153系を山岳区間用に発展させた形式で、主電動機は出力120kWのMT54が採用され、標準的な電動車比率5割の編成で25パーミル(25/1,000m)の勾配区間で運用可能で、自動ノッチ戻し機構や発電ブレーキによる勾配区間での抑速機構が付加されたCS15A形制御装置により、山岳線区の標準として永く活躍しました。上信越・中央線での運用に備え、耐雪ブレーキ他の耐寒耐雪装備も施されていました。
 

1981.12.25 上越線 上牧−水上駅間
谷川岳をバックに上野を目指す急行ゆけむり 165系電車

 上越新幹線開業前は新前橋電車区の165系も急行列車で活躍していました。上野-水上駅間の急行「ゆけむり」の他、上野-前橋(桐生・小山)駅間の急行「あかぎ」、上野-万座・鹿沢口駅間の急行「草津」を主に、信越線系統の急行列車や季節臨にも使用されていました。新前橋の165系は7両編成が基本で、信越線 横川-軽井沢の碓氷峠の急勾配対策として、車重が軽いグリーン車が下り方(勾配の上の方)に連結されていました。上野口では現在の185系特急同様、7連×2本が併結される運用も多く、堂々14連で高崎線を走っていました。
 

  


 
このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved