上越特急とき181系No.2

181系して新製されたクハ181形100番台を先頭に第二利根川橋りょうを渡る「とき」

1982.2.7  上越線 津久田-岩本駅間
181系として新製され、「とき」の運用に投入されたクハ181形100番台

 当初は9両編成1往復で始まった特急「とき」号でしたが、戦後復興から高度成長期に至る時代の波の中で、1965年3月のダイヤ改正で2往復となり、東海道 本線で活躍して新幹線にその任を受継いだ151系からの改造車を加えた181系電車 に発展しました。主電動機はMT46系からMT54系に変わって出力は100kwから120kWに向上し、制御機も勾配区間が続く上越線にも適したノッチ戻し機構を備えたCS15形が採用された181系は上越特急に君臨し、この時に編成も10両編成に なって、「とき」用に製造された161系も181系の40番台へと改造されました。1966年10月には3往復となり、1967年10月には新清水トンネルが開通してスピードアップと3往復中1往復が東京発着となりました。田町電車区に所属する181系電車で運用されていた「とき」 は、1969年7月に新潟運転所へ転属し、以降は新潟運転所が「とき」に運用する車両を担当しました。

1981.1.16 上越線 津久田-岩本駅間 181系特急とき 雪を被った棚下の集落と第三利根川橋
1981.1.16  上越線 津久田-岩本駅間
雪を被った棚下の集落と第三利根川橋
 

  
 
このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved