上越特急とき181系No.3

中央分水嶺、谷川連峰をバックに上州を駆ける181系 1981.12.25 上越線 上牧-水上駅間

1981.12.25  上越線 上牧-水上駅間
中央分水嶺、谷川連峰をバックに上州を駆ける181系

 高度成長を続ける時代の波の中で「とき」は増発が続き、1972年3月に山陽新幹線新大阪〜岡山間が開業すると、余剰となった向日町運転所の181系が新潟運転所に転入し、1972年10月のダイヤ改正で10往復となり、翌年には更に3往復増えて13往復となりました。上越特急の181系は急激な成長を遂げて総数140に迫り、黄金時代を迎えました。

雪雲が流れ、小雪が舞う景色の中を駆ける181系とき 1982.2.20 上越線 敷島-津久田駅間
1982.2.20  上越線 敷島-津久田駅間
雪雲が流れ、小雪が舞う景色の中を駆ける181系とき
 

  
 
このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved