上越特急とき183系No.1

閑かで古い集落の上空に架かる第二利根川橋りょうを渡る183系とき

1980.4.29 上越線 津久田-岩本駅間
閑かで古い集落の上空に架かる第二利根川橋りょうを渡る183系とき

 1972年に総武本線や房総半島のローカル線だった外房線や内房線の特急列車用に製造されたのが183系電車で、総武千の東京駅ホームに入線するための基準に沿った系列でした。地下区間を走るためと分割併合を考慮してに先頭車は貫通扉があり、急行を格上げした短距離特急を主な用途ととしたため特急形電車で初めて片側2扉となり、食堂車もありませんでした。車内は普通車に初めて簡易リクライニングシートが採用されていました。
 

堂々、12連で上越線を下る183系とき
1980.4.29 上越線 津久田-岩本駅間
堂々、12連で上越線を下る183系とき

 1962年6月に上越特急として上野−新潟駅間に登場した特急「とき」は、当初の161系新製車で運転を開始し、主電動機の出力増強や制御器の改良した181系に発展し、151系からの編入や増備で数を増やしてきました。
183系電車は、経年疲労が始まった181系電車の置換えのため、1974年12月から房総特急用の183系電車に耐雪・耐寒構造を施工した183系1000番が使用開始され、当初は3往復の「とき」で活躍を始めました。
 

  


 
このページはフレームで構成しております。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。

★☆ Train's Photo Gallery ☆★


Copyright (C) 2006 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved