西武山口線のコッペル


ユネスコ村駅を発車してすぐ。緑の中を走る井笠鉄道からきた1号機関車 1976.6

 写真を左クリックすると大きな写真が見られます東京と埼玉の境目の辺り、穏やかな起伏に豊かでチョット神秘的な緑が広がる丘陵地帯。
そう、大ヒットしたアニメ映画「となりのトトロ」の舞台になった狭山丘陵で、森の中には狭山湖と多摩湖の二つの人造湖があり、豊かな水は森の影を映して、たおやかに輝いています。
 多摩湖沿いにユネスコ村と西武遊園地を結んでいたのが軽便鉄道の西武鉄道山口線。通称「おとぎ電車」と呼ばれたていました。
本格的な鉄道として開業したのは1952年(昭和27年)で、バッテリーで走る小さな電気機関車が客車を牽いて、子供たちの夢と歓声を乗せ走っていました。

画像を左クリックすると大きなサイズで見られます。

「ユネスコ村駅」で機回し中の1号 左クリックで大きな画像が見られます。
「ユネスコ村駅」で機回し中の1号 1976.6


 「トトロの森」の小さな支線に小さな汽車が走り始めたのは、1972年(昭和47年)のことでした。
井笠鉄道から来た1号と頚城鉄道から来た2号で、どちらもドイツKOPPEL製の蒸気機関車。
その後、井笠鉄道からデッキ付の木造車体にダブルルーフ車体や丸屋根の客車もやってきて、赤く塗られて活躍しました。1号と2号は1977年(昭和52年)に台湾精糖公司からやってきた一回り大きなKOPPEL製527号と532号と交替。
 現在の新交通システム(レオライナー)の建設に伴い、旧山口線がその任を終えるまで活躍しました。
トトロの森を走っていた小さな機関車と客車の写真です。

竹林の中を行く527号 1978.4
竹林の中を行く527号 1978.4

ダブルルーフの客車を従える532号 1977.10
ダブルルーフの客車を従える532号 1977.10

バック運転で西武園駅に向う527号 1978.4
バック運転で西武園駅に向う527号 1978.4

西武園駅で発車を待つ532号 1977.10
西武園駅で発車を待つ532号 1977.10

527号が牽く客車は開放デッキに丸屋根
527号が牽く客車は開放デッキに丸屋根
ユネスコ村駅 1978.4
コッペル 532号 1977.10
532号 1977.10

コッペル527号 1978.4
527号 1978.4

コッペル 532号 1977.10
532号 1977.10

527・532号入線のために架け替られたコンクリート橋を行く532号
527・532号入線のために架け替られた
コンクリート橋を行く532号 1977.10




このページはフレームを使っています。
途中のページからお入りになった方はHome pageページからご覧になってください。
★☆ Train's Photo Gallery ☆★

Copyright (C) 2008 by ISAO Takayanagi and Say. All Rights Reserved